半妖の夜叉姫で犬夜叉とかごめは育児放棄してる?死亡説の噂は本当?

ドラマ-映画-アニメ
スポンサーリンク

2020年10月3日に、アニメ『半妖の夜叉姫』第一話が放送されましたね。

犬夜叉とかごめの姿が予想よりも長く放送されており、『犬夜叉』ファンにとっては懐かしい回になりましたね。

しかし、二人の娘もろはとの関係は明らかになっていません。

Twitterなどでも考察が広がっていますね!

そこで今回は、半妖の夜叉姫で犬夜叉とかごめは育児放棄してる?死亡説の噂は本当? のタイトルでお送りします。

スポンサーリンク

1. 半妖の夜叉姫で犬夜叉とかごめは育児放棄?

もろはが犬夜叉たちを覚えていないことから、育児放棄という検索があるようです。

確かに、もろはが妖怪退治での賞金稼ぎで生活している設定を聞くと、育児放棄という考察も本当のように聞こえます。

かごめが亡くなってしまい、半妖のため長生きする犬夜叉が育児放棄をしたのでは、という考察もあるようです。

まとめると、育児放棄説は二つに分かれます。

  • 犬夜叉もかごめもどこかで生きているが、もろはを育てていない。
  • かごめがもろはを産んだ時、又は人間の寿命がきて亡くなってしまい、犬夜叉は育児放棄した。

 

 

ただ、犬夜叉とかごめは愛情深い性格なので、ただの育児放棄とは思えないですよね。

『半妖の夜叉姫』は『犬夜叉』ファンが多く観ることが想定されていると思うので、犬夜叉とかごめもストーリーに深く関わっているはずです。

 

今のところ、犬夜叉とかごめが封印されており、もろはを育てられない説が有力そうです。

そして、封印に繋がるのが、”虹色真珠”なのではないかと考察されてます。

 

また、犬夜叉とかごめだけでなく、殺生丸など『半妖の夜叉姫』の”親”にあたる者たちが封印されているのでは、と囁かれています。

第一話の後の次回予告にもヒントがありそうです!

2. 半妖の夜叉姫で犬夜叉とかごめの死亡説とは?

第一話では出番の多かった犬夜叉とかごめですが、もろはの場面では二人が登場する気配はありませんでしたね。

考察の中には、犬夜叉とかごめ二人とも亡くなっている設定なのでは?と心配する声もあるようです。

もしそうなら、生前のシーンとしての出演なのでしょうか、、?

死亡説は、犬夜叉とかごめファンにとっては悲しい展開ですね。

最終的にみんなが幸せになることができればいいのですが、、

 

『半妖の夜叉姫』今後に注目です!

3. 半妖の夜叉姫で犬夜叉とかごめはどうなる?

『犬夜叉』の後の世界を描いた『半妖の夜叉姫』では、主人公の一人”もろは”が犬夜叉とかごめの娘にあたります。

よって、犬夜叉とかごめメインのストーリーではなさそうです。

さらに、『半妖の夜叉姫』では犬夜叉は同じく『犬夜叉』に登場した殺生丸ほどキーパーソンにはならないのでは、と言われています。

 

ポスターでも犬夜叉は控えめにしか描かれていませんね。

木の前に立っているのが犬夜叉だと思われますが、後ろ向きに立っていて、しかも小さめに描かれています。

『半妖の夜叉姫』では、犬夜叉とかごめは、あくまで”もろはの親”という扱いになるのかもしれません。

 

4. 犬夜叉完結編で犬夜叉とかごめはどうなった?

『犬夜叉』完結篇 クライマックス

最後の戦いで犬夜叉とかごめは、宿敵の奈落を倒します。

しかし、奈落は四魂の玉に”かごめを四魂の玉の内部に閉じ込め、四魂の中で終わりなき戦いを続けさせること”を願っていました。

よって、奈落の死と同時に、かごめは真っ暗な四魂の玉の中に閉じ込められてしまいます。

犬夜叉はかごめを助けるため、自ら四魂の玉の中へ進んでいくのでした。

 

四魂の玉はかごめに、「願えば帰ることができる」と玉の力を使うように誘惑します。

”願いを叶える”と言われてきた四魂の玉は、自らの存在のために所有者の願望を利用し、所有者を不幸にする悪の元凶だったのです。

かごめは、四魂の玉が本当の願いを叶えてくれることはないと悟り、犬夜叉を信じて「何も願わず」犬夜叉を待ちます。

 

犬夜叉は暗闇を進み続け、かごめを迎えにきます。

犬夜叉とかごめが唯一の正しい願いである”四魂の玉の消滅”を願ったことで、争いの種であった四魂の玉は完全に消え去ります。

四魂の玉の消滅によって、長い戦いに終止符が打たれたのでした。

 

 

その後、犬夜叉はかごめを元の現代世界に送り届けます。

 

しかし、現代と戦国時代をつないでいた、”骨喰いの井戸”が閉じてしまいます。

よって、犬夜叉は戦国時代に戻され現代へ行くことができなくなり、かごめは戦国時代へ行くことが出来なくなってしまったのです。

このことを察した二人は、それぞれの時代で別々に生きて行くことを決めるのでした。

 

 

現代に戻ったかごめは、高校に入り、そのまま3年の時が経過します。

自分の役目は終わったのだと考えるかごめでしたが、高校を卒業し犬夜叉に再び会いたいと願ったことで井戸が開きます!

二人は再開し、かごめは戦国時代で巫女見習いとして、犬夜叉と共に生きることを選んだのでした。

 

『犬夜叉』完結篇はこのような感じで終わります。

 

 

『半妖の夜叉姫』第1話では、その後の犬夜叉やかごめ達の姿が描かれていました。

二人で力を合わせて妖怪を退治するシーンでは、かごめの犬夜叉への信頼も見られ、微笑ましく懐かしかったですね。

4. まとめ

今回は、半妖の夜叉姫で犬夜叉とかごめは育児放棄してる?死亡説の噂は本当?のタイトルでお送りしました。

第一話では、もろはが生まれる前の犬夜叉やかごめの物語が中心でしたね。

もろはが一人で育った理由など、まだまだ気になる点は多いですが、徐々に明らかになってくるのを期待しましょう!

もろは、とわ、せつなの三人の活躍にも注目です!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

【半妖の夜叉姫】関連記事

 

 

 

 

今すぐHuluで半妖の夜叉姫を見る

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました