松田瑞生の親や姉弟など家族は?出身や中学高校は?身長や戦績も!

芸能
スポンサーリンク

2020年1月26日に行われた大阪国際女子マラソンで松田瑞生選手が見事優勝しました!

2年ぶりの優勝ということですが、これでオリンピックが一気に近づいたのではないでしょうか?

 

そんな松田瑞生選手とは一体どんな方なのでしょうか?

気になる松田瑞生選手の家族や戦績、プロフィールについて調べたのでご紹介します。

スポンサーリンク

1.松田瑞生のプロフィール

生年月日:1995年5月31日

出身地:大阪府

身長:158cm

体重:46kg

血液型:A型

愛称:なにわの腹筋王

所属:ダイハツ(実業団)

松田瑞生選手の年齢は24歳です(2020年1月時点)。
まだまだ若いですね!タイムももっともっと伸びそうです!
 
また松田瑞生選手はなにわの腹筋王という愛称で親しまれているようです。
そう呼ばれる理由がこちらです。
腹筋がバッキバキですね!
松田瑞生選手は腹筋トレーニングも話題となっており、美しすぎる腹筋には男女問わず憧れてしましますね。
 

2.松田瑞生選手の家族(親兄弟)は?

松田瑞生選手の家族には「父、母、姉、妹、弟」がいらっしゃいます。
 
松田選手は家族をとても大切にしており、お姉さんの松田友里(まつだゆうり)さんと一緒に写ったツイートを投稿したこともあります。

 
また、松田瑞生選手のお母さんは鍼灸師という情報がありました。
松田瑞生選手はご実家が鍼灸院のを営んでおられるということです。
 
お母さんが松田瑞生選手の身体をケアしていたのかもしれませんね!

3.松田瑞生の中学高校はどこ?

松田瑞生選手の出身校について調べたところ
 
中学:大和川中学校(大阪市住吉区)
 
高校:大阪薫英女学院高校
 
という情報がありました。
また、大阪薫英女学院の恩師は、プロ野球球団千葉ロッテマリーンズに所属する安田尚憲選手のお父さんのようです。

4.松田瑞生の陸上戦績

松田瑞生選手の戦績についてまとめました。

マラソン以外の記録

大会 種目 順位
2012年 都道府県対抗女子駅伝 7区 区間2位
  全国高校駅伝 2区 区間賞
2013年 都道府県対抗女子駅伝 7区 区間賞
2014年 全日本実業団女子駅伝 6区 区間4位
2015年 都道府県対抗女子駅伝 9区 区間11位
2016年 全日本実業団ハーフマラソン ハーフマラソン 4位
  世界ハーフマラソン選手権 ハーフマラソン 17位
  第100回日本陸上選手権 10000m 4位[9]
  全日本実業団陸上選手権 10000m 優勝
2017年 第101回日本陸上選手権 10000m 優勝
  アジア陸上選手権 10000m 銅メダル
  世界陸上競技選手権 10000m 19位
2018年 第102回日本陸上選手権 10000m 優勝
年月 大会 順位 記録
2018年1月28日 大阪国際女子マラソン 優勝 2時間22分44秒
2018年9月16日 ベルリンマラソン 5位 2時間22分23秒
2019年9月15日 マラソングランドチャンピオンシップ 4位 2時間29分51秒
2020年1月26日 大阪国際女子マラソン 優勝 2時間21分47秒
出典:Wikipedia

5.まとめ

今回は、陸上の松田瑞生選手のプロフィールや家族、戦績についてご紹介しました。
松田瑞生選手は、大阪国際女子マラソンの優勝によってオリンピックが近づいてきました。
今後のさらなる活躍に期待したいと思います。
 
ここまでご覧いただきありがとうございました。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました