奥原希望の愛車はレンジローバーで値段は?燃費やサイズなどのスペックを調査!

奥原希望の愛車はレンジローバーで値段は?燃費やサイズなどのスペックを調査! スポーツ
スポンサーリンク

奥原希望さんといえば女子バドミントンの日本代表選手ですよね!

実力はもちろんルックスも良くて人気の選手なんですよ!

そんな奥原希望さんの愛車がものすごくかっこいいレンジローバーという車なのをご存知でしょうか?

値段や燃費など奥原希望さんが乗っている車はどんなスペックなのか気になりますよね。

 

そこで今回は奥原希望の愛車はレンジローバーで値段は?燃費やサイズなどのスペックを調査!のタイトルでお送りします。

奥原希望さんの愛車であるレンジローバーがどんな車なのか調査しましたので最後までごゆっくりご覧下さい。

 

奥原希望さんの家族や顔の外見についてはこちらの記事でまとめています。

奥原希望の兄は自治医大で姉は歌手?両親父母は教師のエリート家族!

奥原希望はかわいくない?横澤夏子に似てるし顔がでかいと話題も

スポンサーリンク

1. 奥原希望の愛車はレンジローバーで値段はいくら?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

okuharanozomi(@okuharanozomi)がシェアした投稿

まず、奥原希望さんの愛車はレンジローバーイヴォークという車です。

レンジローバーイヴォークはランドローバー社の車で、値段はオプションやカスタムにもよりますが480万~800万の高級車なんですよ!

 

奥原希望さんは自身のYoutubeチャンネルで納車の様子を投稿していました。

【憧れの高級車】奥原希望、新車購入しました!

なんと奥原希望さん、免許取得後初めて購入した車がこのレンジローバーイヴォークなんだそうです!

初めての車がレンジローバーだなんてすごいですよね!

よっぽどあこがれの車だったのか自分でナンバーを付けるなど終始ハイテンションでの納車の様子が投稿されていました。

 

とことんこだわったらしく、各パーツやホイール、そして車のカラーも全部ブラックで統一されています。

動画内で価格の明言はしていませんでしたが、多少カスタムしていることから500万は超えていると思います。

ホイールをブラック塗装した場合のカスタム料金は85000円なのでそれだけでもかなりのカスタム代ですよね!

「人生で1番の高い買い物」と奥原希望さんは言っていましたが、とても嬉しそうでした。

 

ちなみにレンジローバーイヴォークは女子バレー日本代表の石井優希さんも乗っています!

2. 奥原希望の愛車のスペックは?

奥原希望さんの愛車であるレンジローバーイヴォークのスペックについても調べてみました。

燃費は?

レンジローバーイヴォークの燃費はこちらです。

市街地モード 9.3km/L
郊外モード 13.4km/L
高速道路モード 14.8km/L

市街地でゆっくり走って1リットルあたり9.3km、郊外や高速でスピードをある程度一定にして走った場合で1リットルあたり14kmほど走ります。

最近の車はガソリン1リットルあたり郊外モードで30kmという車も珍しくないのでレンジローバーイヴォークは燃費が悪いように見えます。

ですが、レンジローバーイヴォークはおそらくディーゼル車で、だとしたら使用する燃料は軽油です。

軽油はレギュラーガソリンと比べると1リットルあたりの価格が30円ほど安いんですよね。

そう考えると、レンジローバーイヴォークの燃料代はそこまで度を越したものにはならないので、燃費もあまり気にならないかもしれません。

サイズは?

レンジローバーイヴォークのサイズは全長4371mm×全幅1996mm×全高1649mmになっています。

長さ4m以上、幅が2m近くというとかなり大きな車ですね!

ですがレンジローバーの中では比較的小さめで、狭い道の多い日本人向けだという評価もあります。

大きすぎないのでユーザーに女性が多めというのも特徴です。

 

ちなみにレンジローバーイヴォークのタイヤの内径は21インチです。

軽自動車のタイヤが14インチか15インチということを考えるとかなり大きなタイヤですよね。

ここまで大きなタイヤとなると1本2万円を超えるものも多いので維持費もかなりかかりそうですね。

乗り心地は?

レンジローバーイヴォークの乗り心地についていくつかのレビューを見つけました。

段差を乗り越えたときにその衝撃をしっとりと包み込むような落ち着きある乗り心地を示したのである。

引用元:Motor-Fan.jp

 

走りだしてまず気づいたのは、乗り心地の新しさだ。先代はアダプティブダイナミクス付きのモデルでも足まわりはがっしりと硬かった。それが「高床式スポーツカー」と言いたくなるようなイヴォーク独特のスポーティーさを演出してもいたのだが、新型はかなりコンフォート系に振られ、ゆったりした乗り味に変わった。乗り心地の印象から、ボディーがちょっと大きくなったようにも感じる。

引用元:Web CG

レビューを見るとレンジローバーイヴォークの乗り心地はゆったりしていて、段差などの衝撃もかなり軽減されているようです。

また、ディーゼル車にありがちな騒音も抑えられているので乗り心地の評価がかなり高いレビューが目立ちました。

揺れも少なく安定した乗り心地で乗りやすそうですね!

シートも高級感があって、「うちにこういうソファー欲しい!」という意見もありました。

3. まとめ

今回は奥原希望の愛車はレンジローバーで値段は?燃費やサイズなどのスペックを調査!のタイトルでお送りしました。

奥原希望さんの乗っている車はレンジローバーイヴォークで500万を越える高級車でした。

燃費はいいとは言えませんが、ディーゼル車なのでガソリン代の負担はそれほどでもなさそうです。

大きな車ですが乗り心地もいいそうでかなり評価の高い車でしたね!

奥原希望さんの愛車はまさに高級車でかっこよかったです!

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ 人物
ひさとの研究室
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました