いりぽん先生の整形箇所はどこか比較検証!気持ち悪いと言われる理由は?

いりぽん先生の整形箇所はどこか比較検証!気持ち悪いと言われる理由は? 人物
スポンサーリンク

いりぽん先生は、踊ってみた動画で若者を中心に人気となり、テレビ番組にも出演する実力派の踊り手です。

2020年にはアイドルグループ『ベアードアード』のピンク担当としてデビューしました。

いりぽん先生は整形を公言しており、TwitterやYouTubeで整形に関する投稿を行っています。

 

そんないりぽん先生の整形箇所はどこなのか、画像を使って比較検証していきたいと思います。

また、一部のファンからは『気持ち悪い』と言われているため、そのような発言が出てしまう理由を探っていきます。

そこで今回は、『いりぽん先生の整形箇所はどこか比較検証!気持ち悪いと言われる理由は?』と題して紹介していきます。

スポンサーリンク

1. いりぽん先生の整形箇所はどこか比較検証!

いりぽん先生は整形していますが、具体的にどこを整形したのか検証していきます。

 

リフトアップ整形

いりぽん先生は2019年8月2日に『整形と麻酔によるトラブルにあいました。』というタイトルの動画を投稿しており、動画内でリフトアップ整形(フェイスリフト)をした事が明かされました。

整形と麻酔によるトラブルにあいました。

 

リフトアップ整形とは下記の通りです。

フェイスリフトとは、顔の頬のたるみ、顎や首周りのたるみなど、加齢によって重力で下垂してしまった皮膚をリフトアップし、気になるフェイスラインのたるみを解消する手術方法です。

引用元:しらさぎ形成クリニック

以上のように、リフトアップ整形は顔や頬のたるみを解消するための手術ですが、いりぽん先生の顔周りは整形前と整形後でどうなったか見ていきましょう。

 

整形前のいりぽん先生はこちらです。

右側に写っているのがいりぽん先生ですが、頬から首にかけて脂肪が付いており、ふっくらしている印象を受けますよね。

太っている訳でも瘦せている訳でもなく、一般的な体型だと考えられます。

 

整形後のいりぽん先生はこちらです。

整形前と比べてみると、顎が長く見えるほど頬が細くなっていますよね!

顔全体がスリムになった印象を受けます。

いりぽん先生がリフトアップ整形した事を知らない人が見たら、急に痩せたと思う方もいたのではないでしょうか。

 

目頭切開と人中短縮

また、2020年の11月2日に投稿された『隠したいけど残ってしまった整形による傷跡について』の動画内で、目頭切開と人中短縮の整形を告白しています。

目頭切開に関しては1:21~です。

人中短縮に関しては2:49~です。

隠したいけど残ってしまった整形による傷跡について

 

上記の動画では、目頭切開と人中短縮をした後の傷跡や、整形後の痛みを詳細に語っています。

痛そうな話がたくさん出てくるので、見る方は注意してください!

 

目頭切開とは下記の通りです。

目頭切開とは、日本人に多い蒙古もうこひだを数mmカットすることで、目元を大きくし自然な平行型の二重を作ることができる施術です。

引用元:東京中央美容外科

 

人中短縮とは下記の通りです。

人中短縮術とは、鼻の下を短くする施術です。具体的には鼻の下の皮膚を数mm切除することで鼻と唇の距離を縮めます。
鼻の下が短くなることでお顔が小さく見え、引き締まった印象になります。

引用元:東京中央美容外科

 

では、いりぽん先生の昔の画像を見てみましょう。

少し画像が荒いですが、ごく普通の少年という感じで、整形するほどではないと感じますよね。

目は一般的な目の大きさで、鼻の周りもそこまで変に見えませんし、顔が大きいとは感じません。

 

では、整形後のいりぽん先生を見てみましょう。

整形後のいりぽん先生は、メイクの影響もあると思いますが、目が大きく見えますよね!

人中短縮により鼻と口の距離が縮まって、顔全体がシャープになっています。

昔のいりぽん先生と比べてみると、別人のように変わっていますよね!

 

歯列矯正

整形とは別ですが、いりぽん先生は歯列矯正も行っており、出っ歯ぎみの歯を変えたかったそうです。

2018年8月23日に投稿された『歯列矯正の生の声』という動画で、歯列矯正に関して語っています。

【赤裸々すぎる】歯列矯正の生の声【費用100万円以上⁉︎】

 

上記の動画はいりぽん先生の歯列矯正への覚悟や、掛かった費用に関して赤裸々に明かしています。

美を追求するいりぽん先生の姿勢は、見ていてとても気持ちの良いものですね!

 

歯列矯正前のいりぽん先生はこちらです。

確かに動画を見てみると、歯が少しだけ出ている印象を受けますよね。

滑舌も悪いように聞こえます。

 

歯列矯正後のいりぽん先生はこちらです。

歯列矯正後の動画では、歯並びが綺麗になり、声も聞き取りやすくなっていますよね!

何となく表情も明るくなった気がします。

 

以上のように、いりぽん先生は目、鼻の下、頬を整形していた事が分かりました。

整形を否定する方もいますが、いりぽん先生は整形に関して下記の投稿をしています。

整形に向き合って自分の考えをしっかり持っているいりぽん先生は、整形を考えている人や悩んでいる人に勇気を与える存在です。

そんないりぽん先生が整形関連の情報を出すことにより、整形というマイナスイメージを変えてくれるのではないでしょうか。

今後のいりぽん先生の活動にも期待していきましょう!

2. いりぽん先生が気持ち悪いと言われる理由

いりぽん先生は若者から大人気ですが、ネット上では『気持ち悪い』という声も上がっています。

なぜそのような声が上がっているのか、いくつか紹介していきます。

 

理由① 顔のバランスが悪い

いりぽん先生は人中短縮により、顔のバランスが崩れたのでは?と考えられます。

 

インターネット掲示板『2ちゃんねる』には下記のような書き込みがありました。

・顔のバランスおかしいからここ見に来たら整形くんだった、整形嫌い興味なし
・バランス悪くなって本当勿体ない
・涙袋は整形?顔のバランス見てて不安になる

このように、整形によって顔のバランスが崩れてしまった事を指摘する声が上がっています。

 

人中短縮の整形には合う人と合わない人がいて、もし合わない人が人中短縮をしてしまうと、顔のバランスが崩れてしまいます。

患者様のお顔全体のバランスや、人中の長さを拝見させていただき、人中短縮(リップリフト)が適していないと判断する可能性があります。例えば、人中を短くすることで、お顔全体のバランスが悪くなってしまう場合などです。

引用元:東京形成美容外科

いりぽん先生が美を追求するあまり、人中短縮を強行したならば、顔のバランスが崩れるのは当然です。

しかし、いりぽん先生の顔が崩れているという印象は受けないため、顔のバランスが悪いという意見は少数のようです。

 

理由② 涙袋が気持ち悪い

いりぽん先生は涙袋が特徴的ですよね。

そんな涙袋を見て、2ちゃんねるでは『不自然』『気持ち悪い』という声が上がっています。

・涙袋が不自然すぎてやばいヒアルロン酸いれるにしてももっと自然にいれればいいのに
・涙袋オバケほんとに気持ち悪いなあ
・ダンスがどうとか以前に顔が気持ち悪くて無理あの涙袋なんとかならないのか

以上のように、不自然な涙袋を見て不快感を抱く声が溢れています。

 

以上の2ちゃんねるの書き込みは2018年の書き込みです。

2018年以前と2018年以降でどのくらい涙袋が不自然になったのか見てみましょう。

2016年のいりぽん先生は、そこまで涙袋はありません。

 

2018年のいりぽん先生は涙袋が大きくなっており、見る人によっては不快に思うかもしれません。

涙袋に関しては例えで『ナメクジ』と言われますが、いりぽん先生の涙袋はナメクジのように大きいですよね。

2年間の間でこのように涙袋が大きくなるという事は、ヒアルロン酸を何度も注射しているのでしょう。

 

以上のように、いりぽん先生が気持ち悪いと言われている理由は、顔のバランスと涙袋に関してでした。

2つとも整形に関連する事で、いりぽん先生の振り付けやダンスが嫌いという意見はほぼありませんでした。

 

また、Twitterにはいりぽん先生の否定的な意見が少なく、整形に関しての応援コメントや、勇気が出たというコメントが多かったです。

 

以上の事から、いりぽん先生は、整形に悩む人や整形に踏み出せない人の支えになっているという事です。

整形に関して嫌悪感を抱いたり、否定的な意見は必ず出てきます。

いりぽん先生が投稿している動画やTwitterでの整形への思いは、偏見を持つ人を無くす良いきっかけにもなりますよね!

いりぽん先生は定期的に整形に関する情報を発信しているので、今後の動きにも注目です!

3. まとめ

今回は、『いりぽん先生の整形箇所はどこか比較検証!気持ち悪いと言われる理由は?』と題して紹介しました。

いりぽん先生は目、鼻の下、頬を整形していた事が分かりました。

ネット上でいりぽん先生が気持ち悪いという声もありましたが、それは少数意見であり、いりぽん先生を応援する意見の方が多かったです。

地上波の番組にも出演して注目が集まっているいりぽん先生を、今後も応援していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
人物
ひさとの研究室
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました