YOUは何しに日本へ2020正月の見逃し動画配信や再放送は?視聴率も!

バラエティ
スポンサーリンク

「YOUは何しに日本へ」は、日本を訪れる外国人にインタビューをして、訪日外国人の目的や生活を調査していくバラエティ番組です。

日本人とは違う感性を持った外国人の生活や反応を見ることができる人気番組です。

そして、2020年はこの「YOUは何しに日本へ」が正月特番として放送されます。

しかし、裏番組に人気番組が勢ぞろいするお正月ですので、「YOUは何しに日本へ」を見逃してしまった人もいるのではないでしょうか?

また、人気番組ですので特番でどのくらいの視聴率を取るのか注目ですよね!

 

そこで今回は、YOUは何しに日本へ2020正月の見逃し配信・再放送と視聴率について調べたのでご紹介します。

スポンサーリンク

1.YOUは何しに日本へ2020正月の概要

<放送時間> 2020年1月3日(金)21:00~

<番組内容>
新年は巨大3空港からニッポン大冒険SP

【ひきこもりから覚醒YOU】
無職で暗い部屋が好き、外出は月1回という、「ひきこもりYOU」がどうしても行きたい理想のゲーセンが日本にあった。
そのゲーセンは、なんでも香港の夜の街並みを再現しているというのだが、間もなく閉店してしまうということで緊急来日した。
ひきこもりの自分にとって、苦痛だという人混みをかき分け、ようやくたどり着いた憧れのゲーセン…そこでYOUの心境に大きな変化が!

【キャンピングカーで大冒険夫婦YOU】
オランダ軍の救護車を改造した手作りキャンピングカーを日本に持ち込み、数か月かけて、観光地ではない日本の田舎を走りながら北海道まで旅する夫婦。
長旅は夫婦の夢…資金は10年間コツコツためたという。
巨大な車体は、都会の狭い道には適さないため、何度もハンドルを切りながら進む。
雪が降れば立ち往生…特殊なタイヤのため、チェーンを巻くのも一苦労。
立ち寄った自動車整備工場のおじさんは、大変な作業もわずか800円でやってくれる。
他にも、キャンピングーで8年も生活するおじさんや、謎の地元メシをごちそうしてくれるおばあちゃんなど、やさしい人々との出会いと別れを繰り返し目的地の北海道に到着。
さらに北海道では豪雪をかきわけ超ド秘境温泉が巡り合う!
そして長い密着旅のラストに衝撃の展開が待っていた!

【YOUが初体験したいことは?】
日本にあるギネス世界記録認定、創業から1300年という世界最古の旅館に泊まる“YOUの初体験”に密着。
その旅館に泊まることで、1300年前にタイムスリップしたいと話すYOU。
ところが、当然、古い旅館かと思いきや、あまりにもキレイで豪華…。
それもそのはず、歴史こそ1300年と世界一だが、建物は立て替えてからそんなに経っていないのだった。
しかし、がっかりするYOUに、旅館の責任者から興味深い言葉が。
1300年前から脈々と受け継がれる岩に囲まれた源泉があるというのだ。
そこは立ち入り禁止の山の中にあり、関係者以外がそこに踏み入ることはNGなのだが、YOUの熱意が通じてテレビで初めて世界最古の温泉の宿の源泉に入ることが許される!果たしてそこはどんな場所なのか?

テレビ東京HPより抜粋

2.YOUは何しに日本へ2020正月の視聴率

視聴率はまだ発表されていません。情報が入り次第更新したいと思います。
 

3.YOUは何しに日本へ2020正月の見逃し配信・再放送は?

見逃し配信

YOUは何しに日本へ2020正月の見逃し配信についてまだ情報はありませんでした。

しかし、下記の動画配信サービスで配信されるかもしれません。

ネットもテレ東とTVerであれば無料の期間限定配信になります。
放送終了後から1週間程度で見れなくなるので配信されていた場合には、早めに視聴するようにしてください。
 
また、Paraviは月額1017円(税込)*1の有料の動画配信サービスになります。
*1 iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)
 
ですが、初回登録であれば2週間無料体験で利用することができます。
こちらもチェックしてみてください。

再放送

YOUは何しに日本へ2020正月の再放送の情報は見当たりませんでした。

通常回は見逃し配信にて対応しているので、正月特番も再放送ではなく見逃し配信で視聴できるようにするのではないかと思います。

4.まとめ

今回は、YOUは何しに日本へ2020正月の見逃し配信・再放送と視聴率についてご紹介しました。
YOUは何しに日本へは外国人にフォーカスした他にはない構成が人気の番組です。お正月特番でどのくらいの視聴率となるか楽しみですね。
また、見逃し配信される可能性もありますので、動画配信サービスをチェックしてみてください。
 
ここまでご覧いただきありがとうございました。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました