アンサングシンデレラのキャスト出演者と相関図一覧!石原さとみ主演ドラマ!

アンサングシンデレラ
スポンサーリンク

【アンサングシンデレラ病院薬剤師の処方箋】が4月9日夜10:00よりフジテレビ系列で放送されます!

医療系のドラマの中でも、薬剤師にスポットを当てたドラマということでどんなストーリーになるのか楽しみですね!

また、石原さとみさん主演ということも注目の一つです。

 

そこで、「アンサングシンデレラ病院薬剤師の処方箋」の登場人物のキャスト・出演者と相関図についてまとめました。

スポンサーリンク

1.アンサングシンデレラのキャスト・出演者まとめ!

アンサングシンデレラのキャストを一覧にしました。

原作漫画「アンサングシンデレラ」をどこまでやるのか不明ですので、発表されている方をまとめていきます。

葵みどり…石原さとみ

本ドラマの主人公です。

お団子ヘアーが特徴の可愛らしい萬津総合病院薬剤部で働くキャリア8年目の薬剤師です。

しかし、薬剤師の仕事には強い信念を持っており、「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」といつでも全力投球。

配属されてきた新人薬剤師・くるみの教育担当をすることになります。

相原くるみ…西野七瀬

萬津総合病院薬剤部の新人薬剤師です。

内気な性格の女の子で、薬剤師になったのも「医者は無理そうだけど、薬剤師なら自分でもできそうだし、医者ほど責任は生じないだろう」という消極的な理由。

そんな相原くるみですが、葵みどりの働く姿に徐々に影響されて、仕事に対する意識が変わっていかいます

瀬野章吾…田中圭

萬津総合病院薬剤部の副部長。

患者想いで心根は優しい頼れる上司です。

ぶっきらぼうで厳しい指導になることも多いですが、葵みどりのことは心の中では認めています。

そんな瀬野の仕事に対する姿勢をみどりはも尊敬しています。

小野塚綾…清原翔

みどりが病院薬剤師であることに興味を示す謎の青年です。

ことあるごとに姿を現しますが、萬津総合病院薬剤部の薬剤師とどのように関わっていくのか注目です!

刈谷奈緒子…桜井ユキ

萬津総合病院薬剤部主任です。

みどりとは対照的に効率を重視した仕事スタイルが特徴。

さらに、調剤のプロ中のプロで異名は鉄の女。

みどりが1人の患者に時間をかけ過ぎてしまうため、叱責することもしばしば。しかし、患者を救いたいという思いは同じです。

羽倉龍之介…井之脇海

キャリア3年目の若手薬剤師です。

みどりからはハクと呼ばれていて、明るい笑顔で薬剤部を盛り上げるムードメーカです。

みどりの頼りになる後輩です。

しかし、笑顔の裏には誰も知らない顔が・・・

工藤虹子…金澤美穂

キャリア4年目の病院薬剤師で監査を担当しています。

病院内の噂話が大好きな情報通です。

ドラマオリジナルキャラクターということで、作品にどう関わってくるのか注目です!

販田聡子…真矢ミキ

萬津総合病院薬剤部部長。

部下をまとめる良い上司です。

しかし、ただ優しいだけではなく、ずる賢さもあるようです

七尾拓…池田鉄洋

ドラマオリジナルキャラクターで瀬尾と同じ萬津総合病院薬剤部副部長です。

薬開発の臨床試験で実績を積み上げました。

他の病院薬剤師と一風違った立ち位置からドラマにどう関わってくるのか注目です。

辰川秀三…迫田孝也

ドラマオリジナルキャラクターです。

中華料理店・娘娘亭(にゃんにゃんてい)の店主。

萬津総合病院では、手を焼く外来患者として有名です。

荒神寛治…でんでん

ドラマオリジナルキャラクターです。

萬津総合病院薬剤の医薬品情報を専門的に管理するベテラン薬剤師です。

どんなに厄介な患者でも荒神を前にすれば不思議と落ち着いてしまいます。

異名は“調剤の魔術師”。

箕島心春…穂志もえか

萬津総合病院の入院患者です。

入院中でもでもおしゃれに気を使う20歳の女性。

定期的に体調を確認しにくるみどりとは仲が良く、親密な間柄。

豊中瑠衣…臼田あさ美

萬津総合病院救急センターの医師です。

薬剤部・副部長の瀬野章吾の名前は覚えていますが、みどりのことは名前すら認識していません。

久保山竜也…六角慎司

萬津総合病院の小児科医です。

久保山の元には、親から「(子どもの薬を)もう少し飲みやすい薬に変えてもらえないか」という相談も多い

そんな時は薬剤部が小児科に訪れる親子と久保山との架け橋になることも・・・

2.アンサングシンデレラの相関図一覧

小野塚綾とドラマオリジナルキャラクターの相関がまだ不明です。

作品を通してどのように関わってくるのか注目です!!

3.アンサングシンデレラの各話あらすじ

【放送日】:毎週木曜日 夜10:00〜

第1話のあらすじ

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。
救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。
そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。

心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。
それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。
薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。
しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。
くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。
医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。
その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。
優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。
医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。
みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。
羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。
そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。
すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。これが林とみどりの因縁に…。

出典:アンサングシンデレラHP

初回は15分拡大

4.アンサングシンデレラの主題歌

アンサングシンデレラの主題歌はドリカムが担当しています。

楽曲名:【YES AND NO】
歌手:DREAMS COME TRUE

5.まとめ

今回は、アンサングシンデレラ病院薬剤師の処方箋のキャスト・出演者と相関図をご紹介しました。

注目の注目のキャストが続々と発表されて、そんなドラマになるのか本当に楽しみですね!

石原さとみさん主演ということもあり、注目度の高いドラマですので、高視聴率にも期待しましょう!

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました