TOEICサイトに繋がらない!メールが来ない!対策は?申し込みした人はいる?

ニュース
スポンサーリンク

TOEICが受験申し込みを開始しました。

しかし、これまで受験できなかったため、応募者が殺到してしまったようです。

その結果、TOEICのサイトにつながらないという状況に・・・

 

TOEICが就職活動や昇格・昇進にも影響する昨今ですので、TOEICが受験できないのは本当に困ってしまいますね・・・

そこで今回は、TOEICサイトに繋がらない場合はどうしたらいいのか、また申し込みできた人がいるのか調べてみました!

スポンサーリンク

1. TOEICサイトにつながらない

TOEICのサイトに繋がらないため、ツイッターで大きな話題となっていました。

そもそも原因は3月からTOEIC試験が中止になり、受けられない人が多数出てしまったためのようです。

しかも、先着順になってしまったため、TOEICのサーバーもダウンするという最悪の状態になっています・・・。

2. TOEICに繋がらないときの対処方法

TOEICは申し込み受付からつながりにくくなって、1時間以上粘っている人もたくさんいます。

オンラインサイトに繋がらない場合の対策としては以下のような方法があります。

①パソコンで有線LAN接続やWi-Fi接続によって回線環境を整える

②アクセスが比較的少ない時間帯を選ぶ

③ブラウザを変更する

④複数台用意する

⑤キャッシュ(履歴)を削除する

⑥ひたすらリロードする

⑦申し込みが少ない会場を狙う

①回線環境を整える

有線LANやWi-Fi接続によって回線速度を速くしてあげると環境も安定するため、サイトにつながりやすくなります。

最も有線LANがおすすめです!

 

②アクセスが少ない時間帯を選ぶ

アクセスが少ない時間帯としては午前2時〜4時くらいが多いです。

ただ、TOEICの受付枠が埋まってしまったらおしまいなので、この方法は使えないかもしれません。

もし、つながりにくい状態が一日中続くようであれば、深夜を狙ってみるのもいいかもしれません。

逆に午後6時〜0時くらいまではアクセスが増える傾向にあります。

③ブラウザを変更する

ブラウザを変更するだけでもつながりやすくなる可能性があります。

Google ChromeやSafari、Yahooなど様々なブラウザがあるので試してみてください。

 

また、メールが来ない不具合もブラウザ変更で解決したという例がありました。

④複数台用意する

一つの端末だけではなく、パソコンやタブレットなど複数の端末も試してみてください。

スマホはダメだけどパソコンはいけた!

家族のスマホはいけた!

といった事例もあるようです。

⑤キャッシュ(履歴)を削除する

キャッシュが溜まっていると動作が重くなったり、サイトページが更新されないことがあります。

溜まっているキャッシュを削除することで、動きが速くなったり安定したりするので試してみてください。

 

⑥ひたすらリロードする

何をやってもダメ・・・というときは持久戦ですが、ひたすらリロードするしかないです。

ただ、リロードしているうちにキャッシュが溜まっていくので、定期的に削除するようにしてください。

 

上記の方法を試したとしても簡単には繋がらならない可能性も十分にあります。

⑦申し込みが少ない会場を狙う

どうしても受けなければいけないという方は、倍率が低そうな地方の会場を狙うというのもアリかもしれません。

わざわざTOEICのために交通費をかけたくはないと思いますが、状況が状況だけに仕方ないかもしれません。

3. TOEICに申し込めた人はいる?

つながりにくくなっているTOEICですが、申し込みできた人もいるようです。

枠が埋まっていない会場もあるようなので、うまく狙っていけば申し込めるかもしれません!

4. まとめ

今回は、TOEICサイトに繋がらない場合の対処法と、申し込みした人がいるのかについて調べてみました。

TOEICは受付開始直後からつながりにくくなっています。

中には2時間近く粘って申し込みができたという人もいるようです。

 

ただ、会場によっては枠が残っているところもあるかもしれません。

どうしても受けなければならないという場合には、足を運ぶといったことも必要かもしれません・・

スポンサーリンク
ニュース
ひさとの研究室
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました