シャープマスクは高い?サイズ・大きさは?性能や機能・品質は大丈夫?

ニュース
スポンサーリンク

シャープが個人向けにマスクを販売することを公表しました。

[東京 20日 ロイター] – シャープ(6753.T)は20日、個人向けにマスクの販売を21日から開始すると発表した。同社の電子商取引(EC)サイトで販売する。当初は1日あたり3000箱(15万枚)の販売とし、生産能力の増強に伴い同1万箱(50万枚)を目指す。

不織布マスクでウィルス飛沫や微粒子を99%カットするという。1箱50枚入りで2980円(税抜、送料別)としている。購入日を含め3日間は再購入できない。
出典:REUTERS

販売価格は1箱50枚入りで2980円ということで、一般的なマスクに比べるとお高めの値段設定のようです。

ネット上では「高い」といった声もあるようですが、マスクの性能や製造コストも考えないと妥当な値段か判断できませんよね?

 

そこで、今回はシャープのマスクが高い理由と、性能・機能について調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

1.SHARP(シャープ)マスクが高い理由は?

シャープのマスクは一部で「高い」といった声もありましたが、本当に高いのかどうか調べてみたところ以下のツイートが見つかりました。

シャープのマスクが高めの価格なのは

①新規投資である

②原材料が高騰している

といった点が大きいのではないかと思われます。

そして、マスクの価格が高いのはシャープのマスクに限ったことではないので、高いということはなくむしろ妥当な値段と言えるのではないでしょうか?

また、SHARP公式もマスクはボッタクリの値段ではないと説明しています。

マスク不足の現状を考えて、製造ラインを新設し、一般向けに販売してくれているので、文句は言えないですね。

2.シャープマスクのサイズや性能・機能は?

マスクを販売してくれるのはありがたいですが、シャープマスクは実際のところ使えそうなのでしょうか?

サイズ

まずはマスクのサイズです。

政府配布のアベノマスクでは小さすぎるなんて声もあったので、サイズを気にしている人も多いかもしれませんね。

ココロライフの公式サイトで確認したところ、

シャープマスクのサイズは約95mm×175mmでした。

数字で言われてピンとこないかもしれませんが、鼻から口までしっかり隠れる大人用サイズのマスクです。


引用元:ココロライフ公式サイト

よって、サイズについては心配なさそうですね!

 

なお、取り扱いは大人用サイズのみで子供用サイズの販売はありません。

性能・機能

シャープのマスクの性能は以下の通りです。


引用元:ココロライフ公式サイト

商品特長

・多気工場クリーンルームで製造
液晶パネルも製造可能な三重県多気工場のクリーンルームで製造。安心してお使いいただけます。

・ウィルス飛沫や微粒子も 99%カット
立体三重構造で、花粉よりもさらに小さい生体ウイルスや微粒子からもしっかりガード。風邪などの際にも他の方への感染を予防します。VFE試験やPFE試験でも99%以上の結果を確認しています。

・PM2.5や花粉の侵入を防ぐ「99%カットフィルター」を採用
高密度フィルターの採用により、PM2.5や花粉の対策としてご利用いただけます。

・しっかりノーズフィッター採用
鼻のラインに合わせてぴったりフィットするノーズフィッターで、マスクの隙間を減らし、メガネの曇りを抑えます。

引用元:ココロライフ公式サイト

シャープのマスクは性能としても十分なマスクとなっており、飛沫感染はもちろん、PM2.5や花粉の侵入も防ぐ構造となっています。

よって、マスクとしての機能は十分に果たしてくれそうです

 

ちなみに、ウイルス感染を完全に防げるわけではないのであくまでも予防ということを忘れないようにしましょう。

3.まとめ

今回は、シャープのマスクが高い理由と、性能・機能について調べてみました。

シャープのマスクは製造ラインへの投資や原材料の高騰により、価格が高くなっているようです。

しかし、マスクの相場自体も上がっているため、決して高いマスクというわけではないようです。

また、マスクのサイズや機能・性能についても十分な商品となっているようです。

 

購入は争奪戦になりそうですが、できるだけ多くの人の元にマスクが届くことを期待しましょう!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました