大坂なおみの会見拒否の理由は?罰金の海外の反応は?

大坂なおみの会見拒否の理由は?罰金の海外の反応は? トレンド
スポンサーリンク

大坂なおみさんはアジア初の世界ランキング1位を獲得したテニスプレイヤーで、パワフルなプレースタイルとして知られています。

そんな大坂なおみさんですが、全仏オープンで記者会見を拒否した事が話題になっています。

なぜ大坂なおみさんは会見を拒否するのか理由が気になりますよね。

会見拒否による罰金と、海外の反応もまとめていきます。

という事で今回は、『大坂なおみの会見拒否の理由は?罰金の海外の反応は?』と題して紹介していきます!

 

スポンサーリンク

1. 大坂なおみの会見拒否の理由はなぜ?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大坂なおみ(@naomiosaka)がシェアした投稿

大坂なおみさんは、2021年5月30日の全仏オープン1回戦後、試合後の記者会見を拒否しました。

ではなぜ会見を拒否したのかと言うと、『試合後の記者会見はアスリートの精神状態を考えていない』と考えたからでした。

2021年5月27日に大坂なおみさんはTwitterで、会見拒否の理由を述べています。

大坂なおみさんは、『試合で負けた後の会見で気落ちしたアスリートをたくさん見てきた』『アスリートのメンタルを考えずに会見する事に対して笑ってしまう』等と語っており、記者の心無い質問や対応に嫌気が差した事を明らかにしています。

試合に負けた後は落ち込む選手もいれば、次に向けて切り替える選手もいますよね。

しかし、記者会見には選手のメンタル状況を考えずに鋭い質問が飛んでくる事もあります。

試合後には会見するという今までの流れを、大坂なおみさんは変えたかったのではないでしょうか。

 

それから、大坂なおみさんは会見拒否に対する罰金について、下記のように語っています。

『記者会見をするか、さもなくば罰金だ』と言い続けることができると考え、協力の要であるアスリートの精神状態を無視し続けるのであれば、ただ笑ってしまいます。ともかくこれで支払う多額の罰金がメンタルヘルスの慈善団体に向かうことを願っています

引用元:NHK

以上の事から、大坂なおみさんは罰金に対応し、そのお金をメンタルヘルスの慈善団体へ寄付する旨を発言しています。

よほど選手のメンタル状況や精神的な問題について思う所があるのでしょうね。

 

また、大坂なおみさんは2021年5月31日にTwitterで下記のような投稿をしています。

大坂なおみさんは『怒りは理解の欠如。変化は人びとを不快にさせる』と投稿しています。

会見拒否によって各方面から様々な意見を言われている大坂なおみさんは、怒りは理解の欠如と言っています。

大坂なおみさんは、自分の考えについて理解を得られなかったのが悔しかったのでしょうね。

 

しかし、大坂なおみさんは会見拒否に関しての自分の考えは曲げておらず、今後も会見には応じない事が分かっています。

会見ボイコットについて全仏側は「大坂に再考を求めたが、交渉は失敗に終わった」としている。4大大会の主催者は共同声明を発表。違反を繰り返すと、全仏失格や、将来の4大大会出場停止といった厳しい制裁を受ける可能性を通告している。

引用元:Yahoo!ニュース

罰金をしてでも会見を拒否したい大坂なおみさんと、会見をさせたい大会側の戦いは今後も続きそうです。

将来の4大大会出場停止という重い制裁が科せられる可能性がありますが、大坂なおみさんはどのような対応をするのか注目していきましょう。

2. 大坂なおみの罰金の海外の反応は?

大坂なおみさんが会見拒否した事により、罰金が科されました。

大坂なおみさんに対して、海外ではどのような声が上がっているのか見ていきましょう。

 

ジル・モレトン会長(全仏主催者)

全仏主催者のジル・モレトン会長は、『ジャーナリスト、大坂なおみ選手、テニス界にとって非常に残念な事』『これは受け入れられない』と語っており、大坂なおみさんの会見拒否に対して批判しています。

 

ノバク・ジョコビッチ(男子世界ランク1位)

男子世界ランク1位のジョコビッチ選手は『記者会見は不快だ』『けれど会見に応じるのもスポーツの一部だ。やらなければならない事だ』とコメントを発表しました。

大坂なおみさんの考えに理解を示しましたが、会見拒否するべきではないと語っています。

 

ダニール・メドベージェフ(男子世界ランク2位)

メドベージェフ選手は『彼女がそうした理由が分かる。僕は彼女の見解を尊重する』と大坂なおみさんの考えに理解を示しています。

 

ラファエル・ナダル(全仏オープン13回優勝)

世界的に有名なナダル選手は『メディアの力が無ければ、今の自分たちを認識してもらえなかったかもしれない』『メディアによって人気が上がる可能性がある』と語り、会見には応じるべきだと声明を発表しました。

 

以上のように、海外では大坂なおみさんの考えを非難する声が多かったです。

同じテニスプレイヤーなら、メディアが重要だという事は理解しているはずです。

ナダル選手やジョコビッチ選手の言う通り、会見も仕事の内ですよね。

今後の大坂なおみさんの対応には注目です。

スポンサーリンク
トレンド
ひさとの研究室
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました