大池みなと(水社)に彼氏や結婚相手はいる?年収や出身中学高校も調査!

大池みなと(水社)に彼氏や結婚相手はいる?年収や出身中学高校も調査! スポーツ
スポンサーリンク

大池みなと(水社)さんは19年アジア選手権優勝、世界で9位にもなった日本を代表とするBMXフリースタイル選手です。

また、大池みなと(水社)さんは普段のかわいい表情と、競技中の凛々しい表情のギャップがたまらない女性ですね。

そんな大池みなと(水社)さんに彼氏や結婚相手はいるのでしょうか。

さらに、大池みなと(水社)さんの年収や出身中学高校も気になりますね。

今回は「大池みなと(水社)に彼氏や結婚相手はいる?年収や出身中学高校も調査!」というテーマでお送りします。

 

スポンサーリンク

1.  大池みなと(水社)に彼氏や結婚相手はいる?

大池みなと(水社)さんは独身で、彼氏の情報は見当たりません。

しかし、大池みなと(水社)さんは

とコメントされていますね。

申し訳ない気持ちになりますが、かわいくて日本中が気になるアスリートだからこそ大池みなと(水社)さんの彼氏が気になってしまうのは当然なことですね。

2. 大池みなと(水社)の年収は?

大池みなと(水社)さんの年収は公表されていません。

一般的にはプロのBMX選手の年収は1000万とも言われているので、大池みなと(水社)さんもそのくらいだと思います。

大池みなと(水社)さんの収入源として

所属先
大会報酬

が挙げられるのでそこからも換算してみたいと思います。

 

収入源① 所属先

大池みなと(水社)さんは、岡山の広告出版・情報会社「ビザビ」と2019年に所属契約を結びました。

株式会社ビザビ
所在地:岡山県岡山市北区内山下1-3-1

多くのアスリートは『所属先』の会社で従業員として働いているので大池みなと(水社)さんもどこかの部署にいるかもしれませんね。

株式会社ビザビの年収が公表されていないので推測ですが、大池みなと(水社)さんの年収は300~400万円くらいだと思います。

 

収入源② 大会報酬

日本の大会の賞金は、公表されていません。

また、海外のBMXの大きな大会では優勝賞金は1000万円以上になることもありますが、一般的な大会だと300万円ほどです。

出場する大会で大きな変動がありますが、大池みなと(水社)さんの大会報酬として年収500万くらい賞金をもらえるかもしれません。

 

大池みなと(水社)さんの年収についてまとめてみましたが、合算すると年間1000万くらいの収入で間違いないと思います。

一見多く見えますがそのくらいないと遠征費用がかかるので大変ですね。

3. 大池みなと(水社)の出身中学高校は?

大池みなと(水社)さんがどんな学校に通っていたか気になりますね。

大池みなと(水社)さんの学校生活を深掘りしていきたいと思います。

中学は?

大池みなと(水社)さんの中学は島田市立六合中学校です。

島田市立六合中学校
所在地:静岡県島田市道悦2丁目25−1

一時期はモトクロスに面白味を感じなくなり大池みなと(水社)さんは二輪競技を離れ、中学時代は女子サッカー部に所属していました。

しかし、中学2年生のときに地元の施設で同年代の少年が自転車の上で華麗に舞う姿に興味もち、『BMXフリースタイル』を始めました。

「自分ならもっとうまく乗れる」とBMXのキャリアをスタート。

引用:MINATO OIKE

 

こちらで大池みなと(水社)さんの紹介されている『藤枝スケートパーク』をはじめ、静岡県にはいくつかスケートパークがあります。

しかも静岡県には無料で練習できる施設もあるので、これから大池みなと(水社)さんに憧れてBMXを始めさせたい家族が移住するかもしれませんね。

 

高校は?

大池みなと(水社)さんの高校は静岡県立島田工業高等学校です。

静岡県立島田工業高等学校
所在地:静岡県島田市阿知ケ谷201
偏差値:45

大池みなと(水社)さんが東京オリンピックの代表に内定してから、祝福の横断幕が島田工業高校に飾られていました。

 

しかし、大池みなと(水社)さんの高校生活に関する情報は実はありません。

メカニックの知識を得るために工業科の学校に入ったのか…

中学校と同じ島田市なので実家から近く通いやすいからか…

また情報が入り次第追記したいと思います。

4. まとめ

今回は「大池みなと(水社)に彼氏や結婚相手はいる?年収や出身中学高校も調査!」というテーマでお送りしました。

大池みなと(水社)さんについて

彼氏:公表されていない
結婚相手:独身
年収:公表されていない
中学:島田市立六合中学校
高校:静岡県立島田工業高等学校

ということがわかりました。

これからも大池みなと(水社)さんを応援しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ 人物
ひさとの研究室
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました