おもしろ荘ライブ版のチケット当選倍率は?申し込み方法は?一般も!

バラエティ
スポンサーリンク

お正月の人気番組「おもしろ荘」のライブ版「おもしろ荘 THE ライブ」の開催が発表されました!

おもしろ荘は、深夜帯としては驚異の視聴率を誇る人気番組であり、お正月は番組を見るために遅くまで起きている人がいるほどです。

 

そんなおもしろ荘が初めてライブで開催されることになったのです。

いったいどんなライブになるのか楽しみですよね!

そして、チケットは取れるのでしょうか?

 

そこで、今回はライブ版「おもしろ荘」のチケット当選倍率と申し込みについてまとめました!

スポンサーリンク

1.ライブ版「おもしろ荘」の申し込み方法

ライブ版「おもしろ荘」概要は以下の通りとなっています。

【日時】2020年3月1日(日)14:00開演

【会場】東京・有楽町朝日ホール

【料金】3900円(税込・全席指定)

<出演者>
・エイトブリッジ
・駆け抜けて軽トラ
・グリーンバンバン
・さきぽん
・シンテンチ
・そいつどいつ
・ダニエルズ
・ベルサイユ
・放課後ハートビート
・ラランド

【チケット申し込み期間】
最速抽選:2020年1月1日(水)~1月7日(火)23:59

一般販売:2020年2月8日(土)12:00~

【チケット申し込み方法】

日テレゼロチケのページ下部から申し込みできます。

*2歳以下のお子様は大人1名につき1名まで膝上無料
*番組収録を兼ねたイベントなので、テレビに客席が映ることもあります。
 
2020年の年明けとともにに抽選が始まります。抽選申し込み期間は1週間しかないので早めに申し込むようにしましょう!
 

2.ライブ版「おもしろ荘」の当選倍率は?

大注目のライブ版「おもしろ荘」ですがチケットの倍率はどのくらいでしょうか?
初めてのライブ版ということもあり高倍率かもしれないですよね。
 
そこで、当選倍率を予想してみました!!
 
当選倍率は、①会場の収容人数②チケット申し込み数から計算します。
 
①会場の収容人数
ライブが開催される有楽町朝日ホールの座席数は「636席」でした。
よって、①会場の収容人数=636人(0.0636万人)となります。
 
 
②チケット申し込み数
チケット申し込み数の正確な数はわからないので、おもしろ荘の視聴率から見積もりたいと思います。
 
おもしろ荘2019の視聴率は約10%でした。
視聴率は世帯視聴率ですので、全世帯数のうち10%がおもしろ荘を観ていたことになります。
 
平成30年1月1日時点で、日本の世帯数は約5800万世帯です(出典:総務省)。
 
よって、おもしろ荘を観ていた世帯数は5800万×10%=580万世帯となります。
 
そして、1世帯あたりの平均構成人員は約2.2人です。
よって、おもしろ荘を観ていた人口は、580万世帯×2,2人=1276万人となります。
 
なんと、1276万人もの人がおもしろ荘に注目していたということですね。
 
今回は、この1276万人のうち0.05〜0.1%の人が抽選に申し込むと仮定します。
 
そうするとチケットの申し込み数は、1276万人×0.05%〜0.1%=0.638〜1.276万人
 
よって、②申し込み数=0.638〜1.276万人となります。
 
◆当選倍率を計算!
上で求めた①会場の収容人数と②申し込み数から当選倍率を計算します。
チケットの当選倍率は以下の式で計算できます。
 
当選倍率=0.638~1.276万人(申し込み数)/0.0636万人(収容人数)=10.3〜20.6倍
 
当選倍率は約10倍〜20倍となりました。
会場の収容人数が少ないこともありかなりの高倍率になることが予想されます。
チケットが当たったらラッキーかもしれませんね!!
 

3.まとめ

今回は、ライブ版「おもしろ荘」のチケット当選倍率と申し込みについてまとめました。
人気番組おもしろ荘のライブ版とあってチケットはかなり高倍率になるかもしれません。
申し込み期間も1週間しかないので早めに申し込むようにしましょう。
皆さんのもとにチケットが届くことをお祈りいたします。
 
ご覧いただきありがとうございました。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました