教場【木村拓哉】の視聴率は?見逃し動画配信や再放送は?

ドラマ
スポンサーリンク

教場」は長岡弘樹による警察学校を舞台とした日本の警察小説です。
その「教場」がフジテレビ開局60周年特別企画として、木村拓哉さん主演で2020年1月4日・1月5日の2夜連続で放送されました。

ベストセラー小説の映像化作品の放送とあって、楽しみにしていたという人も多いのではないでしょうか?

さらに、視聴率男と呼ばれた木村拓哉さんの主演作品とあってやっぱり視聴率が気になりますよね。

 

また、「予定があって見れなかった」、「うっかり放送を見逃してしまった」など教場を見逃してしまったという人もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、木村拓哉さん主演の「教場」の視聴率と見逃し配信・再放送について調べたのでご紹介します。

スポンサーリンク

1.ドラマ「教場」の概要

【放送時間】2020年1月4日(土)、1月5日(日)

【あらすじ】
“教場”と呼ばれる警察学校の教室。
冷酷無比な教官・風間公親(かざま・きみちか/木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。何より厳しいのがルール厳守。
その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負う。携帯電話も没収され、外出するためには許可が必要。
そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。
また、警察学校という閉塞(へいそく)した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。
「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男だ。
また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げて、その場を立ち去ってしまう。次々とふるいにかけられる“教場”という名のサバイバルゲームを生き抜くため、生徒たちの秘密と思惑が渦巻き、いろいろな事件が巻き起こっていく…。
“風間教場”のクラスメートは30人。
果たして最後までふるい落とされずに生き残り、何人の生徒が卒業証書を手にすることができるのか?
さらに風間は、生徒たちが起こす事件の複雑に絡み合った真相を解決していくことはできるのか?
そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは?

【キャスト】
木村拓哉

工藤阿須加

川口春奈

林遣都

葵わかな

井之脇海

西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)

富田望生

味方良介

村井良大

佐藤仁美

和田正人

石田 明(NON STYLE)

高橋ひとみ

筧 利夫

光石 研(友情出演)

大島優子

三浦翔平

小日向文世 

フジテレビHPより抜粋

2.ドラマ「教場」の視聴率

参考までに、木村拓哉さんは視聴率男と呼ばれ、HEROなど様々なドラマで高視聴率を連発してきました。

最近は、木村拓哉さんを起用しても視聴率はあまり取れないと言われることもあったようですが、2019年12月29日に最終話が放送された「グランメゾン東京」では、平均視聴率16.4%の高視聴率で締めくくっています。

今回のドラマ「教場」の放送でも視聴率15%以上を取る可能性もありそうです。

追記

教場の視聴率が発表されましました!

視聴率は前編15.3%、後編15.0%でした!

さすが視聴率男といえる結果じゃないでしょうか?

注目度はかなりたかかったようですね!

3.ドラマ「教場」の見逃し配信・再放送は?

教場の見逃し配信と再放送に関する情報を調べたところ、残念ながら、どちらも予定はないようでした。
フジテレビ系列の番組ですので、見逃し配信があるとすればFODフジテレビオンデマンドが最も可能性があるかなと思います。
FODは初回登録であれば1ヶ月間無料で利用できるのでよければチェックしてみてください。
その他、見逃し配信の可能性は低いですが、TVerGYAOで配信があれば無料見ることができます。
 
また、YouTube、Pandoraなどの動画共有サイトにアップロードされるかもしれません。
しかし、違法アップロード動画の可能性もあるので注意してくださいね。
 
 
追記
教場の見逃し配信がFODで放送されていました!!
期間は2019年1月11日23:59までです。
無料で視聴できるので是非チェックしてください!

4.まとめ

今回は、木村拓哉さん主演の「教場」の視聴率と見逃し配信・再放送についてご紹介しました。
これまで高視聴率のドラマを量産してきた木村拓哉さんですが、教場でも視聴率15%を記録してきましたね!
 
また、見逃し配信や再放送の予定はなく、FOD等での配信も可能性は低いのではないかと思います。
 
ここまでご覧いただきありがとうございました。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました