新型コロナウイルス!奈良の病院は県立医科大学付属病院とのぞみ診療所?感染ルートは?

ライフスタイル
スポンサーリンク

2020年1月28日に武漢に渡航歴のない奈良県在住のバス運転手の60代男性が新型コロナウイルス(新型肺炎)に感染したとのニュースが入りました。

男性は新型コロナウイルス(新型肺炎)にどのように感染したのでしょうか?

そして、現在はどこの病院に入院しているのでしょうか?

スポンサーリンク

【新型コロナウイルス肺炎】奈良県在住バス運転手男性の病院はどこ?

新型コロナウイルスに感染したバス運転手の男性ですが、現在は奈良県内の病院に入院しているということですが、

どこの病院で受診して、現在はどこに入院しているのでしょうか?

 

◆受診した病院

受診した病院は奈良県桜井市ののぞみ診療所という情報がありました。

 

 

◆入院中の病院

新型コロナウイルス(新型肺炎)に感染した男性が入院しているのは

奈良県立医科大学付属病院

との情報がありました。

また、その他の病院では以下が有力なようです。

・奈良県総合医療センタ

・奈良医療センタ

・市立奈良病院

【新型コロナウイルス肺炎】奈良県在住バス運転手男性の感染ルートは?

報道によるとバス運転手の男性は、

1月8~11日と12~16日に東京都内で、武漢からのツアー客を乗せたバスを運転していたということです。(毎日新聞)

さらに細かな経過は、以下の通りです。

・14日 せきや関節痛などの症状が出始める

・17日 奈良県内の医療機関を受診するも経過観察となる

・25日 症状が悪化したため再受診、入院

よって、そのバスを運転していたときに感染していた可能性高いと考えられています。

ただ、その男性が武漢からのツアー客とどのくらいの接触があったかはわかっていません。

もしかしたら飛沫感染した可能性もあるため、ツアーを開催していた東京や、これまで武漢からの訪日客が訪れている関西圏などでも新たな新型コロナウイルスの感染者が現れるかもしれません。

 

また、バス運転手の男性が武漢以外の中国への渡航歴があるかどうかはわかっていないようです。

北京でも死者が出ていますし、中国のSNSでは上海でも死者が出たとの噂もあるようです。

 

追記:厚生労働省の記者会見より

新型コロナウイルスに感染した男性が運転したバスツアーのルートは

大阪→東京とのことです。

また、新型コロナウイルスの人から人への感染の可能性については認めましたが、明確にどのように感染しているかは不明であるとしました。

 

武漢からのバスツアー客が宿泊したホテルも調査済みのようですが、詳細な動きは不明として明言を避けました。

「武漢渡航歴なし」新型コロナウイルス肺炎へのツイッターの反応

衝撃の報道となった武漢渡航歴なしでの新型コロナウイルス感染に対するツイッターの反応です。

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました