コロナウイルス・広島の病院は市立舟入病院?感染経路行動歴や住所は?

ライフスタイル
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染が連日報道されています。

続いては中国地方の広島県で、初となる感染が確認されました。

新型コロナウイルスに感染したのは広島市在住の男性ということです。

 

広島市の男性はどこの病院に入院していているのでしょうか?

そして、どういった感染経路で新型コロナウイルスに感染したのでしょうか?

 

そこで、新型コロナウイルスに感染した広島市男性の入院先病院と感染経路について調査しました。

 

スポンサーリンク

1.コロナウイルス広島市男性の入院病院はどこ?

新型コロナウイルスに感染した広島市の男性は、感染症病床のある感染症指定医療機関に入院している可能性が高いと思われます。

 

追記

男性は広島市内の「広島市立舟入市民病院」に入院中との情報がありました。

 

◇広島市立舟入市民病院

〒730-0844 広島県広島市中区舟入幸町14−11

 

その他、広島県内の感染症指定医療機関は以下の通りです。

◇第一種感染症指定医療機関

病院名 感染症病床数
広島大学病院 2床

 

◇第二種感染症指定医療機関

病院名 感染症病床数
地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立舟入市民病院 16床
福山市民病院 6床
独立行政法人国立病院機構 東広島医療センター 4床

 

2.コロナウイルス広島市男性の感染経路・行動歴や住所は?

広島県で感染が確認されたのは広島市内に在住の30代男性です。

広島県で初となる新型コロナウイルスの感染者が確認された。この患者は、およそ1か月前から既にせきの症状があったという。
「年代が30代。性別は男性。居住地は広島市。主な症状として発熱・せきがある」
出典:yahoo news

 

居住しているのは広島市ということですが、ツイッターではさらに詳細に広島市安佐南区在住という情報がありました。

 

また、感染した男性は、妻と子供2人を含めた4人家族ということです。

 

以下、広島県の30代男性が新型コロナウイルス感染確認されるまでの経緯です。

2月上旬:咳の症状があったため、4箇所の医療機関を延べ8回受診

2月15日、16日、20日:A病院を受診

2月22日:B病院を受診

3月3日:C病院を受診

3月5日:D病院を受診、検体を採取

3月6日:新型コロナウイルスの陽性反応がでる

男性は、海外渡航歴はないようですが、その他の行動歴は明らかになっていません。

3.ツイッターの反応

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました