麒麟がくる6話のネタバレとあらすじ!感想も!光秀の想いが将軍へ届く

ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくる第5話では、光秀が苦労の末に「伊平次」を探すことに成功しました。

そして、銃の仕組みを理解するために、銃をばらしてもらう約束を取り付けることにも成功します。

 

一方で、光秀に挨拶を言いそびれていた駒とはすれ違ったままでした。

 

それでは、麒麟がくる第6話「三好長慶襲撃計画」のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

 

第6話のあらすじは以下の通りです。

将軍・足利義輝(向井 理)も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元(国広富之)による松永久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)の暗殺計画があることを光秀(長谷川博己)は知る。京の町の安寧が崩れることを恐れ、光秀は館に潜入し三淵(谷原章介)と藤孝(眞島秀和)らと協力して、松永らを救うことに。そこで傷を負った光秀は、東庵(堺 正章)の診療所へ運び込まれ、駒(門脇 麦)とひさしぶりの再会を果たす。
出典:麒麟がくるHP

スポンサーリンク

1.麒麟がくる第6話のネタバレ(あらすじ)

三好長慶・松永久秀襲撃計画

1548年秋、京の覇権をめぐり、細川晴元とその家臣・三好長慶は一色触発の状態にあった。

 

三好長慶は、公家との『連歌の集い』に参加するために京を訪れていた。

松永久秀は、お忍びで京を訪れているとはいえ、細川晴元が疑心暗鬼になっていることもあり、三好長慶にお供をつけさせた。

 

光秀は、伊平次に鉄砲をばらしてもらい、その仕組みを真剣に確認していた。

光秀は、鉄砲の弾が出る銃口の筒を覗き込むと、「美しい」と感動した。

 

それを聞いた伊平次は、松永久秀も銃を見て「美しい」と言っていたと話した。

さらに、伊平次は松永久秀が主君の三好長慶とともに討たれてしまうかもしれないと声を漏らした。

 

伊平次から松永久秀の命の危険を聞いた光秀は、伊平次を問い詰めた。

伊平次は、遊女屋で酒を飲んだ客が三好長慶と松永久秀の襲撃計画について話していたのを偶然聞いていたのだった。

 

平和な世を作るために

三好長慶と松永久秀の襲撃計画を聞いた光秀は、三淵藤英の館を訪れた。

光秀は、三渕藤英に万里小路の館で開かれる連歌の集いで、三好長慶と松永久秀の襲撃計画があることを伝えた。

 

同席していた三淵の弟・細川藤孝は、細川家と三好家は手を取り合おうとしている関係であるため、助けに行くべきだと声を挙げた。

しかし、三渕藤英は、連歌の集いは三好長慶と松永久秀を討つために、裏で細川晴元が動いているという噂があることから、将軍家が干渉する問題ではないと考えていた。

 

三渕藤英の意見に納得のいかない細川藤孝は、部屋を飛び出した。

すると、部屋のすぐそばに将軍・足利義輝が立っており、中での会話を聞いていた。

 

三渕藤英は、将軍奉公衆が動けば、足利義輝の意向と取られるため困ると光秀に言い残し、部屋を去ろうとした。

すると、光秀は突然父からの教えを話し始めた。

 

「将軍は、全ての武士の頭であり、鑑である。」

「将軍は、武士を一つにまとめ、平和な世を築く存在である。」

 

光秀は、三渕に対し、さらに続けて意見を述べた。

 

「今の世は平和ではない。」

「将軍家が、京での争いすらも目を背け、関わろうとしないのであれば、武士が一つになる手段がない。」

「将軍が争いを止めなければ世の中は平和にならない。」

 

そう言い残し、光秀は去っていった。

 

部屋の中での一部始終を聞いていた将軍・足利義輝は、光秀の後を追うように三渕ら家臣に命じた。

三渕は、義輝が居たことに驚いたが、命に従い、急いで光秀の後を追った。

 

三好長慶・松永久秀襲撃

万里小路の館では予定通り連歌の集いが開かれていた。

そこに、細川家からの刺客が迫っていた。

 

刺客は、万里小路の館に着くと、松永久秀を襲撃した。

松永久秀は刀で応戦し、三好長慶にすぐに逃げるように言った。

 

しかし、刺客は三好長慶の元にも襲いかかってきており、逃げることはできなかった。

三好長慶にが斬られそうになる寸前で、光秀らが到着し、三好長慶は難を逃れた。

 

光秀と細川藤孝らの活躍によって、三好長慶と松永久秀は逃げ出すことに成功した。

その様子を見ていた細川晴元はとても悔しがった。

 

危機を脱し、安堵した三淵藤英と細川藤孝であったが、光秀は斬り合いの最中、左肩を負傷していた。

光秀は、東庵という知り合いの医者がいることを三渕藤英に伝え、三渕藤英の家臣に東庵の元に連れて行ってもらった。

 

駒の看病

なんとか東庵の元にたどり着いた光秀であったが、駆け寄ってきた駒に支えてもらったところで気を失い倒れてしまった。

 

光秀が目を覚ますと、駒がそばで看病をしていた。

光秀は夢の中で聞いた歌の話をした。

その歌は、駒が歌っていた歌であった。

 

そこに、光秀が目を覚ましたことを聞きつけた東庵がやってきた。

東庵は、光秀の容体を診ると「もう大丈夫」と言った。

 

光秀は、左肩のケガは命に関わるほどの傷で2日間寝込んでいたが、駒の看病によって助かったのだった。

光秀が駒に「ありがとう」とお礼を言うと、駒は3日でも4日でも看病すると笑顔で返すのだった。

 

細川藤孝の頼み

10日後、細川藤孝は、松永久秀からのお礼の品を持って、光秀の元を訪れた。

細川藤孝は、光秀に三渕の館での一件について話した。

 

細川藤孝は、「光秀は正しいことを言っている。光秀のような人があと2、3人仲間になってくれば、平和な世が作れるかもしれない」と光秀を称賛した。

そして、光秀を美濃に置いておくのは惜しい、しばらく京に留まって欲しいと懇願した。

 

光秀は、細川藤孝の言葉に感謝したが、美濃ですらどうやってまとめていいかわからない。だから美濃に帰らなければならないと伝えた。

そして、5年、10年先に美濃を一つにすることができたら、また京に来て、その時は細川藤孝を支えると伝えた。

 

細川藤孝は、光秀の言葉を信じ、深く頷いた。

 

美濃の戦

光秀と細川藤孝が話していると東庵が慌ててやってきた。

なんと美濃の斎藤道三が西美濃の大柿城を主戦場に、尾張の織田信秀と戦を始めたというのだ。

 

大柿は豊かな穀倉地帯であり、交通の要所でもあったため、道三は大柿城の奪還を目指していた。

そして、ついに奪還に成功したのだった。

 

戦の知らせを聞いた光秀は、急いで美濃に帰ることにした。

 

駒の歌

光秀が美濃に帰る道中、駒はお供をすると言ってついてきた。

光秀は途中で、駒を京に返そうとしたが、駒の推しに根負けし、美濃までついてくることを了承した。

 

帰りの途中、辺りが暗くなってしまったので、光秀と駒は小屋で一晩をともに過ごした。

駒は光秀に枯れ草でできた布団を用意した。

 

しかし、自分だけが布団を使って寝ることが気になって眠れなかった光秀は、駒にそばにくるように言った。

駒は戸惑ったが、光秀が構わないと言うので、光秀のそばに行くことにした。

 

駒がそばにくると、光秀は夢の中で聞いた駒の歌の話をした。

光秀は、駒がどこで歌を教わったのか気になっていた。

 

駒は、東庵の元に行く前の5、6歳の頃は伊呂波大夫と言う旅芸人の一座に拾われて育てられていた。

歌はそのときに教わったものだった。

 

駒は、光秀に聞かせるように、その歌を再び歌い出した。

 

光秀は、伊平次に鉄砲をばらしてもらっているときに、三好長慶と松永久秀の襲撃計画を聞きつけます。

三渕藤英の館での光秀の懇願が、将軍・足利義輝の元に届き、光秀は連歌の集いで、三好長慶・松永久秀を助けることに成功します。

しかし、左肩に重傷を負った光秀は、駒に看病してもらいなんとか意識を取り戻します。

安心したのも束の間、美濃の戦の知らせを聞いた光秀は、駒と共に美濃への帰路に着いたのでした。

 

2.麒麟がくる第6話の感想

 

3.最後に

麒麟がくる6話では、光秀の強い想いと行動力によって、三好長慶と松永久秀襲撃計画を失敗に終わらせました。

しかし、美濃では戦も始まっていて、光秀の目指す平和な世はまだまだ先となりそうです。

 

さらに、駒と光秀の関係もどうなるのか注目です。

 

以下、麒麟がくる第7話のあらすじです。

駿河の今川義元(片岡愛之助)の動きに脅かされた信秀(高橋克典)は、美濃の道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決める。そのために、道三の娘・帰蝶(川口春奈)を、信秀の嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出る。
旅から明智荘に帰った光秀(長谷川博己)を、帰蝶が待ち構えていた。幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿(こし)入れを止めてほしいと頼む。一方、道三からは、口をきかなくなった帰蝶を説得するように命じられる。
出典:麒麟がくるHP

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

まだ、麒麟がくるを視聴していないという方はU-NEXTで視聴できます。

無料体験期間31日間を利用すれば無料で麒麟がくるを視聴できるのでチェックしてみてください。

詳しくはこちら

 

\視聴率とネタバレはこちら/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ 麒麟がくる
ひさとの研究室
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました