麒麟がくる5話のネタバレとあらすじ!見逃し配信や感想も!

テレビ・映画
スポンサーリンク

麒麟がくる第4話では、終わりに潜入した光秀(十兵衛)が織田信秀の容体が重篤であることを東庵から聞き出し、無事に美濃の斎藤道三の元に帰還し、その情報を伝えることに成功しました。

 

さらに、銃に興味を持った道三と光秀は、将軍・足利義輝が本能寺に銃を作らせているという情報を耳にします。

 

それでは、麒麟がくる第5話「伊平次を探せ」のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

 

第5話のあらすじは以下の通りです。

道三(本木雅弘)の命を受けた光秀(長谷川博己)は、鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのか探るべく、再び京へ向かう。腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を探しやってきた本能寺で、将軍・足利義輝(向井 理)の護衛でやってきた三淵(谷原章介)と再会をする。将軍家も伊平次を探しているが忽然(こつぜん)と姿を消したという。三淵に連れられて松永(吉田鋼太郎)の元へ向かった光秀は、松永から、鉄砲の真の力とはお互いをけん制させ、戦を減らす抑止力になることであると聞く。出典:麒麟がくるHP

 

まだ、麒麟がくる第5話を視聴していないという方はU-NEXTで視聴できます。

無料体験期間31日間を利用すれば無料で麒麟がくるを視聴できるのでチェックしてみてください。

⏬詳しくはこちら⏬

【麒麟がくる】見逃し配信や再放送時間!大河ドラマの無料視聴も!

スポンサーリンク

1.麒麟がくる第5話のネタバレ(あらすじ)

伊平次はどこにいる?

斎藤道三は、鉄砲の使い方を十兵衛に教わり、その威力を目の当たりにした。

あまりの威力に驚いた道三は、光秀に「将軍家が本能寺に鉄砲を作らせている理由」を探るように命じた。

 

光秀は、鉄砲は弾を込めるまでに時間がかかるため、戦に向かないことを感じていた。

光秀は鉄砲の仕組みについて知るために、家臣の藤田伝吾に知り合いの刀鍛冶に鉄砲を分解するよう頼んで欲しいとお願いした。

 

すると藤田伝吾は、以前、刀鍛冶の関孫六のところにいったがそこで鉄砲に関する話を聞いたという。

そして、過去に美濃に住んでいた『伊平次』という男が近江の国友村で鉄砲を修理しているというのだ。

それを聞いた十兵衛は伊平次を近江の国友村へ探しにいった。

 

その頃、京に戻ることが決まっていた駒は、光秀と母・牧に挨拶するために明智荘を訪れていた。

しかし、光秀はちょうど近江の国へ出かけていたため、会うことができなかった。

駒は寂しそうに帰っていった。

 

伊平次は国友村にいる?

近江国友村に着いた光秀は、関孫六からの紹介状を見せて、鉄砲のことを聞こうとした。

しかし、将軍家から口外を禁止されているとの理由で鉄砲の話を聞くことはできなかった。

 

それならば刀鍛冶の伊平次に会わせて欲しいと光秀は頼んだ。

一度は断られてしまったが、伊平次は本能寺にいるという情報を得ることに成功した。

 

光秀は、道三の元に行き、鉄砲について探るために本能寺に行きたいと伝えた。

さらに、今度は旅費を全額出して欲しいと伝えた。

 

鉄砲を探る命を出したこともあり、道三はこれを渋々承諾した。

 

伊平次は本能寺にいる?

京は戦によって荒れ果てていた。

将軍家すらも京を離れていたが、有力大名・細川晴元が将軍・足利義輝を京に戻していた。

 

そんな細川晴元も、内部抗争によってその力は徐々に弱まっていた。

中でも細川晴元の家臣・三好長慶と松永久秀は細川晴元を脅かす存在となっていた。

 

本能寺に着いた光秀であったが、中は侍だらけで、入ることはできなかった。

しかし、将軍・足利義輝が立ち寄っているとの情報があった。

 

光秀が門の前で立ち往生していると将軍家奉公衆・細川藤孝に声をかけられた。

光秀が背負っている鉄砲を渡すようにとのことだった。

 

光秀はそれを断り、その場を立ち去ろうとしたが細川藤孝は刀を抜き、行く手を阻む。

光秀も刀を抜きこれに応戦する。

 

そこに足利義輝が現れて、これを制止した。

同じ流派同士、斬り合いはやめるように行って去っていった。

 

そこに以前堺で出会った三渕藤英が現れた。

細川藤孝は自分の弟だといい、喧嘩の事態になったことを詫びた。

 

光秀は本能寺に伊平次という刀鍛冶を探しに来ていることを三淵に話した。

すると、三淵も伊平次を探しているとのことだった。

 

しかし、三ツ渕曰く、伊平次は先月まで本能寺にいたが現在はいないということだった。

光秀は、三淵が松永久秀の元に行くというので、それに着いていくことにした。

 

鉄砲の意味

松永久秀のもとに行った三渕は、将軍家は鉄砲を揃えて戦をしようとしているのではないかと松永久秀に探られた。

三渕は将軍家は鉄砲を使って戦をするつもりはないと断言した。

 

お互いの鉄砲に関する情報は掴めないまま、三渕は去っていった。

残った光秀は、松永久秀に「鉄砲をどうやって戦で使うのか」と聞いた。

 

すると松永久秀は突然鉄砲を持ち、銃口を光秀に向けた。

光秀はその場で動けなくなった。

 

鉄砲を持っていれば相手は動くことができない。

鉄砲を相手が3倍持っていると知れば戦はやめようと思う。

 

そんな抑止力を鉄砲が持っていることを光秀は学んだ。

 

伊平次はどこにいる?2

松永久秀は伊平次の居場所を突き止めていた。

伊平次は京で女遊びをしているということだった。

 

光秀は松永久秀に着いていった。

 

伊平次のもとを訪れた松永久秀は鉄砲を作ってもらえるように伊平次に頼んだ。

しかし、伊平次はこれを断った。

将軍家、細川家、三好家のゴタゴタに巻き込まれるのが嫌だというのだ。

 

そのとき、光秀は伊平次のことを思い出した。

伊平次とって、光秀は昔助けられた恩人だったのだ。

 

伊平次と光秀は昔からの知り合いであったため、昔話で盛り上がった。

そして、光秀は、鉄砲の仕組みを知りたいのでバラして欲しいと伊平次に頼んだ。

 

伊平次は昔からの縁もあったため、光秀の頼みを承諾した。

 

京に戻った駒は十兵衛を見かけたような気がした。

しかし、京に光秀がいるはずがないだとうと東庵に言われ、見間違いだと思う。

 

光秀も何かを感じていたが、伊平次に呼ばれその後を追っていった。

 

鉄砲の仕組みを知るために伊平次を探していた光秀でしたが、なかなか見つけることはできませんでした。

しかし、堺でもお世話になった松永久秀に再び助けられ、伊平次に会うことに成功します。

さらに、光秀と伊平次は昔からの知り合いであったため、鉄砲をバラして欲しいという光秀の願いを伊平次は承諾してくれました。

駒は、光秀に会うことができないまま京に戻りました。
しかし、京に着いた後も光秀の存在が気になるのでした。

 

2.麒麟がくる第5話の感想

 

3.最後に

麒麟がくる第5話ではなんとか光秀は伊平次に会うことができました。

鉄砲の仕組みについてはまだしれていませんが、今後鉄砲についても明らかになっていきそうです。

 

また、光秀のことを気にかける駒も観ていて気になってしまいますよね。

再び光秀と会えるのでしょうか?

第6話も見逃せませんね。

 

まだ、麒麟がくるを視聴していないという方はU-NEXTで視聴できます。

無料体験期間31日間を利用すれば無料で麒麟がくるを視聴できるのでチェックしてみてください。

詳しくはこちら

 

\視聴率とネタバレはこちら/

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました