麒麟がくる7話のネタバレ(あらすじ) !帰蝶の願いと道三の頼み

ドラマ-映画-アニメ
スポンサーリンク

麒麟がくる第6話では三好長慶と松永久秀の襲撃計画を知った光秀が、連歌の集いに駆けつけ、なんとか計画を阻止することに成功しました。

しかし、戦いの中で光秀は左肩を負傷してしまいます。

駒の看病によってなんとか回復した光秀でしたが、安心したのも束の間、美濃と尾張の戦の情報を聞きつけ、急いで美濃への帰路に着いたのでした。

 

麒麟がくる第7話では、尾張織田信秀が美濃の斎藤道三との和議を持ちかけてきます。

道三の娘・帰蝶の想いは一体どうなるのでしょうか?そして、光秀は一体どうするのでしょうか?

 

それでは、麒麟がくる第7話「帰蝶の願い」のネタバレです!

スポンサーリンク

1.麒麟がくる第7話のネタバレ(あらすじ)

信秀からの和議の申し出

天文17年(1548年)西美濃の大柿城を奪回するため進軍した斎藤道三率いる斎藤軍は、織田信秀から大柿城を奪回することに成功した。

この背景には、織田一族の内紛があり、清洲城の守護代・織田彦五郎が織田信秀の古渡城を攻めたことが敗因であった。

 

織田信秀は駿河・遠江の今川義元、美濃の斎藤道三、清洲城の織田彦五郎の3つの敵から囲まれ焦っていた。

さらに、信秀は戦のたびに息切れがあり、自らの身体が思わしくない状態であることを感じていた。

 

3つの敵は手に余ると感じていた信秀は、織田彦五郎と駿河の今川義元と互角に戦うために、美濃の斎藤道三と手を結ぶことにした。

そして、織田信秀の嫡男・信長のもとに斎藤道三の娘・帰蝶を嫁がせることを条件として、和議を申し出たのであった。

 

帰蝶の想い

明智荘にいた光秀の母・牧のもとに光秀が帰還したとの知らせが入る。

牧は光秀が無事であったことに安堵の表情を浮かべた。

 

そこに帰蝶がやってきた。

帰蝶は鶴の群れを見にきたついでに明智荘に立ち寄ったのだという。

 

帰蝶は、光秀に「稲葉山城に寄ったのなら挨拶に来ても良かったのでは?」と問い詰めた。

光秀は返答に困った。

 

すると、牧が話を逸らして、光秀に叔父・明智光安の元に行くように指示した。

 

明智光安の元を光秀が訪れると、明智光安は尾張の織田信秀から斎藤道三の元に和議の申し入れがあったことを話した。

和議の話を知らなかった光秀は、斎藤道三が和議に同意したことを知ると、とても喜んだ。

 

しかし、明智光安は光秀に、和議には帰蝶を織田信秀の嫡男・信長の元に嫁がせると言う条件があることを伝える。

帰蝶は、尾張への輿入れの話を聞くとそれを嫌がり、以降斎藤道三とは口もきかないのだと言う。

 

和議についてどう思うかと斎藤道三から聞かれた明智光安は返答に困っていたため、帰蝶と従兄弟であり、幼馴染である光秀に、帰蝶の気持ちを聞き出すように頼んだ。

 

明智光安から帰蝶の輿入れの話を聞いた光秀は、帰蝶の元へいくと、戸惑いながらも声をかけた。

光秀が、「座って話しましょう」と声をかけると、帰蝶は「立ったままで良い」と言って、「輿入れの話を光安としたのか?」と自ら話を切り出した。

 

帰蝶は、一度は斎藤道三の言う通りに土岐頼純のもとに嫁いだが、結果的には斎藤道三によって毒殺されたことを引きずっていた。

すると、帰蝶は突然昔話を始めた。

 

光秀は昔からよく泣いていた。その姿を帰蝶に見られていた光秀は、誰にも言わないようにお願いし、帰蝶もそれを守っていた。

帰蝶は、光秀に「今度は自分を守って欲しい。みんなに帰蝶を尾張に嫁に出してはならないと言って欲しい」とお願いした。

 

斎藤道三の想い

光秀と明智光安は、稲葉山城の斎藤道三のもとを訪れた。

明智光安は、帰蝶の輿入れについて、自分の意見は入れず、帰蝶の想いを伝えるようにと事前に念を押した。

 

斎藤道三は、「明智光安と光秀に帰蝶を尾張の織田信長の元に嫁がせることは正しいか」と聞いた。

光安は「和議のためであれば仕方ない」と答えた。

 

一方、光秀は「尾張に行くということは人質になるということであり、和議が破られれば、帰蝶が先に切られてしまう。情に忍びない」と答えた。

すると、斎藤道三は「その情を断ち切るほど価値が和議にあると思うか?」と聞き返した。

 

光秀は、「和議の価値はわからない。そのため帰蝶を説得することはできない」と答えた。

光秀の答えを聞いた斎藤道三は激昂し、光秀を帰れ!と怒鳴りつけた。

 

光秀は「わかりました。帰ります」と言って出て行ってしまった。

激昂した斎藤道三であったが、今度は一転して、明智光安に光秀を呼び戻すように言った。

 

呼び戻された光秀は斎藤道三の元を再び訪れた。

斎藤道三は、三好長慶の重臣・松永久秀から礼状が届いたことを話すと光秀を褒めた。

 

続けて、斎藤道三は今回の尾張との和議への想いを話し始めた。

 

尾張には海があり、港があるため国が豊かである。

しかし、美濃には海がないため、田畑での稼ぎしかない。

 

田畑での稼ぎは、海であればあっという間に稼ぐことができる。

尾張と和議を結べば、海が近くなる。

海が近くなれば国は豊かになる。

 

斎藤道三は国を豊かにするためには海を手に入れる必要があると感じていた。

斎藤道三は、この話を帰蝶にして輿入れを説得して欲しいと光秀に頼んだ。

 

こうして光秀は、斎藤道三と帰蝶の間で板挟みとなってしまった。

 

帰蝶の願い

明智荘では、帰蝶と駒が化粧をして楽しそうに過ごしていた。

そこに光秀が帰ったと知らせが入る。

 

帰蝶は光秀のもとに行った。

光秀が、帰蝶に輿入れについての話を切り出そうとすると、帰蝶は「何も話すな」と制止した。

 

すると、帰蝶は光秀に織田信長とはどんな男なのか見てきて欲しいと頼んだ。

織田信長は、尾張ではうつけという噂が流れていた。ただ、美濃で見たことがある人はいない。

 

帰蝶は、織田信長がどんな男なのか見てきてから全てを決めると光秀に言った。

光秀は「織田信長が良い人であれば嫁ぐのですか?」と聞いたが、帰蝶は答えなかった。

 

信長という男

光秀は商人に変装し、尾張の熱田へ潜入した。

熱田は商いで活気に溢れていた。

 

その様子を見た光秀は、斎藤道三の「国を豊かにするならば、海を手に入れることだ」という言葉を思い出した。

 

なかなか織田信長の情報を掴めない光秀であったが、偶然、菊丸と再開した。

光秀は菊丸に織田信長のことを聞いた。

 

菊丸によると、織田信長は最近、毎日漁に出ていて明け方に港で待っていれば見れるとのこと。

そこで、光秀は明け方の港で織田信長がやってくるのを待った。

 

すると、1艘の船が見えてきた。

そこには織田信長が乗っていた。

 

敵に囲まれ、焦った織田信秀は、斎藤道三に和議を申し入れます。

しかし、和議の条件には織田信秀の嫡男・信長の元に帰蝶を嫁がせるという条件があったため、帰蝶はこれに反発します。

光秀は、守って欲しいと願う帰蝶と、帰蝶を説得して欲しいと頼む斎藤道三の間で板挟みになってしまいます。

そんな中、帰蝶はうつけと評判の織田信長とはどんな男なのかを尾張に行って見てきて欲しいと光秀に頼みます。

光秀はこの頼みを聞き入れ、尾張の熱田に潜入します。

そこで、偶然再会した菊丸から織田信長の情報を手に入れた光秀は、明け方の港で信長を待ちます。

そして、そこに1艘の船に乗った織田信長が現れるのでした。

 

2.まとめ

麒麟がくる第7話「帰蝶の願い」では、帰蝶や道三の思いに振り回される光秀の大変さが伝わってきましたね。

そして、最後にはついに織田信長が最後に登場しました。

 

第8話も楽しみになる内容でしたね!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

まだ、麒麟がくるを視聴していないという方はU-NEXTで視聴できます。

無料体験期間31日間を利用すれば無料で麒麟がくるを視聴できるのでチェックしてみてください。

詳しくはこちら

 

\視聴率とネタバレはこちら/

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました