麒麟がくる11話のネタバレ(あらすじ)と感想!主人公・光秀回!

テレビ・映画
スポンサーリンク

麒麟がくる第10話では、今川からの人質交換の条件により、織田信秀と信長の意見が対立しました。

そして、駒は桔梗の紋と助けてくれた侍が一致したことで、再び光秀への想いを募らせました。

 

第11話では光秀が再び美濃と尾張間で奔走することになります。

それでは、麒麟がくる第11話「将軍の涙」のネタバレ・あらすじと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

1.麒麟がくる第11話のネタバレ!「将軍の涙」

天文18年(1549年)

尾張・織田の人質であった松平竹千代は、駿河・今川義元の元へ送られることになった。

こうして、今川に捕らえられていた織田信広は解放され、人質交換が成立した。

 

織田信秀は織田信広の帰還に安堵したが、同時に戦で破れたにも関わらず傷一つない織田信広に不甲斐なさを感じた。

さらに、織田信秀の身体は徐々に悪化しており、弓を引くこともできなくなっていた。

 

息子が頼りにならない上に、自らの身体も思わしくない。

そんな状況に、織田信秀は焦りを感じていた。

 

 

一方、今川義元は、竹千代を出迎えると豪華な食事を振る舞った。

しかし、竹千代は食事には手を付けず「いつ三河に帰していただけるのでしょうか?」と今川義元に聞いた。

 

今川義元と側にいた太原雪斎は「今川と織田に割れている三河を統一するために、織田を打ちのめす。それまでの辛抱だ」と答えた。

そして、今川義元は、「年が明けたら三河を救うための戦だ!」語気を強めた。

 

 

天文19年(1550年)

今川義元は、尾張へと侵攻すると織田軍の領地を次々と制圧していった。

織田信秀の非力ぶりが露呈したことで、美濃と尾張同盟も崩れようとしていた。

 

稲葉山城では、斎藤高政と稲葉良通が今川義元の脅威が迫っていることについて、斎藤道三を追求していた。

斎藤道三は、織田からの援軍要請があれば、応じる考えを示したが、稲葉良通は兵が集まらないとこれを突っぱねた。

 

斎藤道三は、「美濃のためには戦えるが織田とともには戦えない」という稲葉良通の考えを笑い飛ばすと部屋から出ていった。

しかし、実際は織田の無力さに落胆していた。

 

そして、織田家・平手政秀からの援軍要請には応じられる状態ではないことを嘆いた。

この状況に、明智光安が「米は送れるが兵は送れない」と答えるしかないのでは?と考えを示すと、斎藤道三はこの回答を採用し、光秀を使者として尾張へ向かわせた。

 

 

斎藤道三からの命を受けた光秀は渋々と那古野城へ向かった。

平手政秀は光秀を部屋に通すと、まずは信長の愚痴を話し始めた。

 

そして、光秀から援軍要請への美濃の返答を聞いた。

光秀が「美濃からは援軍は出せない」と言うと、平手政秀は驚き、納得がいかない表情で部屋から出ていった。

 

部屋にいた帰蝶は「私は人質だから、父上が裏切れば、磔(はりつけ)だ」と涙声で話した。

どうしたものかと光秀と帰蝶が悩んでいると、そこに信長がやってきた。

 

信長は、今川と織田の戦況を分析し、作戦を考えていた。

そして、兵をかき集めても今川義元には勝てないとふんだ信長は、「和議」を申し入れることを考えたが、仲介役がいなかった。

 

すると、光秀が過去に美濃で起きた土岐頼芸と土岐頼純の内紛を将軍家が治めたことを話した。

これを聞いた帰蝶は、光秀に京に行ったときに仲良くなった将軍家に仕えている者に頼ってみてはどうか?と提案した。

光秀は断ろうとしたが、信長と帰蝶の押しに負けて、引き受けることにした。

 

 

美濃に戻った光秀は、斎藤道三に「和議を結ぶために将軍家に仲介を依頼してはどうか?」と提案した。

大金がかかることを懸念する斎藤道三に、光秀はなんとか食い下がろうとしたが、結局提案は反対され、突っぱねられてしまった。

 

斎藤道三に反対された光秀は、土岐頼芸との面会を頼むために斎藤高政の元を訪れた。

光秀は、将軍家への和議の仲介役の依頼を土岐頼芸に頼むつもりであった。

 

しかし、斎藤道三の尻拭いなどしたくないと斎藤高政は光秀の依頼を断ろうとした。

それでも、光秀は「今後、斎藤高政の言うことはなんでも聞く」という条件で、なんとか土岐頼芸との面会を取り付けることに成功した。

 

 

土岐頼芸と面会した光秀は、頼芸に「将軍家に織田と今川の戦の和議の取りなしを頼んで欲しい」と依頼した。

しかし、頼芸は、「斎藤道三の蒔いた種にも関わらず大金を出して手紙を書く義理はない」と断った。

 

さらに、土岐頼芸は、「自分を美濃から追い払い、斎藤道三が守護の座につこうとしているという噂を聞いた」と斎藤高政に詰め寄った。

斎藤高政は、「もしそれが本当であれば、土岐頼芸を守り、父・斎藤道三を殺す」と答えた。

 

その答えを聞いた土岐頼芸は将軍家への手紙を書いた。

 

 

その頃、京では細川晴元と細川晴元に不満を持っていた家臣・三好長慶による内紛が起きていた。

三好長慶による下剋上は将軍家にも影響し、足利義輝は近江へと落ち延びた。

 

光秀は足利義輝に会うために近江に向かったが、道中の宿で、「行っても三好軍に追い返されるだけでいいことはない」と聞き、困っていた。

そこにひとりの男が光秀に声をかけた。

 

それは、細川藤孝だった。

思いがけない再会となった細川藤孝に、光秀はなんとか足利義輝に会うことはできないかと頼んだ。

 

細川藤孝は将軍・足利義輝が朽木へ逃げているという情報を伝えると、光秀を将軍のもとへ案内した。

細川藤孝の案内の元、山道を抜け、光秀は足利義輝との面会を果たした。

 

足利義輝は、光秀に対し、以前三渕藤英の館で光秀が語った言葉を話し始めた。

そして、「光秀の言葉に背中を押されて、励まされてきた」と光秀に感謝した。

 

さらに、足利義輝は、「世を平らかにできれば、麒麟がくると聞いたことがある」と話すと、

「その麒麟を自分はまだ連れてくることができない」と涙を流した。

 

そして、足利義輝は、光秀の和議の依頼に応じ、使者を出すことを承諾した。

2.麒麟がくる第11話の感想

 

3.まとめ

今回は、麒麟がくる第11話「将軍の涙」のネタバレ・あらすじと感想をご紹介しました。

織田の劣勢により、光秀があちこち走り回ることになりました。

主人公でありながら、周りのキャラクターに大きな影響を受けているところが光秀らしいですね!

次回も楽しみに待ちたいと思います。

 

まだ、麒麟がくるを視聴していないという方はU-NEXTで視聴できます。

無料体験期間31日間を利用すれば無料で麒麟がくるを視聴できるのでチェックしてみてください。

詳しくはこちら

 

\視聴率とネタバレはこちら/

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました