麒麟がくる16話ネタバレ(あらすじ)!感想も!戦いを防ごうとする十兵衛!

スポンサーリンク

麒麟がくる第15話では、尾張のほとんどを支配下に置いた信長の擁護を受けて道三の次男・孫四郎が家督を継ぐことになるのを恐れた長男の高政が、次男・孫四郎、三男・喜平次を暗殺させました。

二人の息子を亡くした悲しみと高政への憎しみを募らせた道三が稲葉山から出て行ってしまい…

麒麟がくる第16話は、道三が高政を討つため出陣!

十兵衛はどうするのか…!?

それでは麒麟がくる第16話「大きな国」のネタバレ・あらすじと感想をご紹介します。

 

まだ、麒麟がくるを視聴していないという方はU-NEXTで視聴できるのでチェックしてみてください。

\詳しくはこちら/

スポンサーリンク

1.麒麟がくる16話のネタバレ(あらすじ)

高政が孫四郎と喜平次を殺害させた事件の後、高政への憎悪を募らせる道三は稲葉山城を出て行ってしまった。

道三は、稲葉山から離れた、美濃の北にある大桑城に向かった。

一方、十兵衛は明智城で、叔父の光安にこの件について相談していた。

十兵衛は、帰蝶が道三に高政と戦うようにけしかけることを心配していたため、帰蝶を説得するため尾張に行かせて欲しい、と光安に頼み、尾張へと向かった。

十兵衛は帰蝶と会うが、帰蝶は孫四郎や喜平次を殺した高政に対して「もはや兄とも思わぬ」と、怒りを顕にする。

これに対し十兵衛は、孫四郎が家督を継ぐように画策し、孫四郎を焚き付けた帰蝶にも非があるのではないか、と言い、今度は道三が高政に戦を仕掛けるよう焚き付けないで欲しい、と頼み込む。

しかし、帰蝶は拒否した。

高政が信長と関係を絶ち、今川と繋がり信長を倒そうすれば、それは美濃だけの問題ではない、と訴える帰蝶。

十兵衛は、高政が信長と手を切ろうとすれば自分が止めるから、とにかく美濃のことに首を突っ込まないように、と帰蝶に懇願した。

しかし、帰蝶が孫四郎を明智家に向かわせた時、十兵衛が「高政が守護代に退いてもらうために光安と共に国衆に働きかけてほしい。」という孫四郎の願いを聞き入れず、冷たく追い返したことがあった。

それから帰蝶は、十兵衛への不信感を募らせていたのである。

そのため帰蝶は、これ以上話しても無駄だと考え、十兵衛に帰るよう命じた。

十兵衛が帰った後、隣の部屋で話を聞いていた信長は、十兵衛の考えに理解を示した

そして、信長の間者が調べたところによると、道三の兵は集めても二千程で、高政は美濃の国衆の支持を得ており、兵の数は一万を超えるため、道三は戦うべきではない、と言った。

さらに、自分が加勢して清洲城の背後を織田信賢達に突かれるかもしれない、と続け、帰蝶は怒って部屋から出て行った。

その頃、駿河でも大きな出来事が起きた。

今川義元の右腕・太原雪斎が病死したのである。

太原雪斎の治療をしてきた東庵と駒は、雪斎の死を隠すため、何日も臨済寺に幽閉された。

臨済寺では、竹千代から元服した松平元信が、書物を大声で音読していた。

雪斎から学問を教わっていて、雪斎の死を隠すためにいつも通り音読をしていたのである。

竹千代は昆布を煮て鍋を作る東庵と駒に話しかけて来た。

気が利く、と聞いていた駒が気になっている様子だ。

そこに、薬屋で働く菊丸が、元信に薬草を届けに現れた。

駒と菊丸に面識があることを知って驚く元信に、駒は美濃にいた頃一緒に薬草を採った、と話した。

美濃にいたことを知られたくない菊丸は慌てて話をそらし、美濃の近況を話した。

美濃が二分されており、今にも戦が始まりそうだ、と言う。

これを聞いた駒は、明智家の人々を心配し、抜け道を知る菊丸に、自分たちを連れ出し、美濃が無理でも尾張に行かせて欲しい、と願った。

 

その頃、稲葉山城では高政や稲葉良通が宴を開いていた。

光安は、明智家の領地のために家督を継ぐ高政の機嫌を取ろうと、必死に笑顔で踊った。

高政に奥の部屋へと呼び出された十兵衛は、帰蝶に美濃のことに口出ししないように伝えた、と言い、高政にも戦をしないよう頼んだ

高政も、「信長が動かなければ父は動かないだろう」、と自分から戦いを仕掛けるつもりは無さそうだった。

また、十兵衛は高政の実父が土岐頼芸だという噂について問いただすと、高政は自分が流した噂だと答える。

成り上がりの者の家柄ではなく、土岐源氏の家柄だと言えば美濃の人々が安心し、いずれ守護になれる、と考えていたためだった。

十兵衛は皮肉まじりに「賢いやり方ですね」と答えた。

続いて高政は、美濃の国内での領地の見直しを考えている、と言った。

明智家の今後については、光安が隠居し、十兵衛が家督を継ぐことを勧め、明智荘より広い領地を与えることを約束した。

しかし、明智荘は先祖代々受け継いだものなので、牧がどう思うか十兵衛は気がかりでならず、複雑な心境だった。

 

その後、十兵衛が明智荘に戻り食事をしていると、道三が高政との戦を始めることを決め、大桑城に兵を集めていることを聞かされる。

高政が宴の最中、十兵衛に言った自身の隠居と明智家が代々継いできた領地が替わるという話を聞いていた光安は、高政に反感の思いを持ち、道三側に付くため大桑城に行くことを十兵衛に告げた。

しかし、兵の数で道三に勝ち目はなく、明智家存亡の危機となってしまう、と考えた十兵衛は、光安にあと二日だけ待って欲しい、と光安を止めようとする。

そして、十兵衛は出陣しようとする道三を止めるため、大桑城へ馬を走らせた。

十兵衛が出陣を止めるよう説得しようとしても、道三は聞く耳を持たず、
「自分に勝ち目がないと思っている帰蝶に頼まれた伊呂波太夫が越前に逃げ延びる手配をしている」と話し、
「高政は土岐源氏の家柄だと人を欺いて国を治めようとしているが、それで国が穏やかになる訳がない。家督を譲る相手を間違えた。」
と言って、戦の準備を押し進めた。

自分には作れなかった、誰にも手出しできない「大きな国」を作れる、と期待を込めて言われた十兵衛。

十兵衛は鉄砲を準備しながら、道三との出来事を思い出し、道三の方について戦う決意をした。

2.麒麟がくる16話の感想

3.まとめ

今回は、麒麟がくる第16話「大きな国」のネタバレ(あらすじ)と感想についてご紹介しました。

十兵衛は帰蝶に、道三が高政と戦うようにけしかけないように釘を刺したり、高政にも道三と戦うのを避けるように告げ、信長も十兵衛の考えに賛同したものの、結局道三は高政との戦いを決断してしまいました。

次回はついに道三と高政親子が戦う、長良川の戦いです!

道三の味方に付いた十兵衛の運命は…!?

次回も楽しみにしたいと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました