麒麟がくる14話ネタバレ(あらすじ)!感想も!信長の鉄砲隊登場!

ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくる第13話では、土岐頼芸が斎藤利政(道三)により近江国に逃げ、利政と織田信長の会見が、尾張の聖徳寺で行われることになりました。

利政は、信長が替わりの者を遣わしている可能性を考えて、信長をよく知る明智十兵衛(長谷川博己)をお供にして、信長の出方を見るため近くの廃屋に10人程度の側近とともに隠れていました。

麒麟がくる第14話は、ここに信長が現れ、利政と信長の会見から始まります。

それでは麒麟がくる第14話「聖徳寺の会見」のネタバレ・あらすじと感想をご紹介します。

 

まだ、麒麟がくるを視聴していないという方はU-NEXTで視聴できるのでチェックしてみてください。

\詳しくはこちら/

スポンサーリンク

1.麒麟がくる14話のネタバレ(あらすじ)

鉄砲隊の行列に囲まれて、馬に乗った信長が現れる。

腰にひょうたんをつけた粗野な格好に、傲慢な表情で現れた信長に、利政は呆然とした。

しかし、我に返った利政は、「聖徳寺に先回りする」と言い、十兵衛と共に聖徳寺に向かった。

 

聖徳寺で、利政は長い間信長を待ちました。

しかし信長は中々現れず、苛立ちを隠せません。

 

そこに、先程とは打って変わって鮮やかな装いの信長がやって来る。

 

信長は、「待たせてしまい、申し訳ない。」と利政に侘びた。

利政は「いつも支度に時間がかかるのか。」と問いただした。

 

すると信長は、利政に舐められることを案じた帰蝶が、鉄砲隊や利政の好む色の装束となるように仕込んだ、と正直に打ち明けた。

そして自分は、帰蝶の手の上で踊らされている尾張一のたわけだ、と言って笑った。

 

これには利政も、「見事なたわけじゃ。」と言って笑い返した。

信長は、廊下にいた2人の若侍・佐々成政と前田利家を呼び寄せて、

「父・信秀は利政殿について、『家督さえ継げない身一つのこの2人のような、失うものがない男は、戦となれば手強い。』と話しておられた。この先、戦の世も変わっていくから、自分たちも変わらなければならない。」

と話した。

 

利政はこれを聞き、自分と似た雰囲気の信長を気に入ったようだった。

和やかな雰囲気に、信長を注視していた十兵衛も、ようやく安堵した。

 

一方、望月東庵と駒は太源雪斎の診察のため駿府に向かっていた。

そこで、駒が字を教えた藤吉郎が、藁草履を売っていた所、場所代について因縁をつけられ男たちに殴られていた。

しかし、藤吉郎は、絶対に字を読めるようになり、出世すると意気込んでいた。

 

 

東庵は雪斎のもとに到着すると、雪斎に針をうちます。

雪斎は駿河の安泰のためには信長を倒さないといけない、と考えており、「あと2年ほど生かして欲しい」と東庵にお願いした。

 

 

この年、今川義元は織田軍が守る緒川城を攻め落とすため、緒川城の近くに村木砦を建設。

緒川城から信長に援軍を求める連絡が来たものの、信長の背後には今川と通じている清州城の織田彦五郎がおり、身動きが取れなかった。

 

そこで信長は、自分が村木砦を攻め、緒川城を助ける間、那古野城を守って欲しい、と美濃の利政に依頼した。

一刻を争う状況下で、利政はすぐに独断で援軍を送ることを決定した。

 

利政は、明智光安に織田彦五郎の監視を命じ、十兵衛には信長がどのように村木砦を攻略するのか見るよう命じた。

そこに援軍を送ることに反対する斎藤高政、稲葉良通が現れた。

 

高政は「うつけの信長を助け、今川と戦をするのか。」と言って、猛反対した。

しかし利政は、「噂を鵜呑みにして、信長を甘く見ていれば、いつかひれ伏すことになる。」と一喝。

 

皆の注目が集まる中、高政は十兵衛に意見を求める。

戸惑いながら、十兵衛は、「援軍を送るには機が熟していない。信長を気に入ったとはいえ、今川と彦五郎の両方を敵にまわすのは無謀で、彦五郎の背後にいる守護の斯波家も厄介だ。」と言った。

 

しかし、利政は聞く耳を持たず、「誰がなんと言おうと、援軍は送る。」と言い残し、明智光安と共に席を立った。

 

残された高政は暗い顔で、「この国は、潰れてしまう。」と言い、良通は「一刻も早く家督を譲るように、殿に迫るべきだ。」と主張した。

十兵衛は、迷いながらも稲葉の意見に同意した。

 

 

天文23年(1554年)、十兵衛が村木砦の近くの丘から様子を眺めていると、信長の鉄砲隊は村木砦の今川軍に一斉に発砲

やがて9時間の攻防の末、多くの側近を失いつつも、用意周到に攻め込んだ織田軍が、見事勝利を挙げ、今川軍を村木砦から一掃することに成功した。

 

 

一方その頃、高政が稲葉山城に戻ると、深芳野がいなくなったと騒ぎになっていた。

深芳野は川で倒れている所が発見され、既に亡くなってた。

 

父子である利政と高政の不仲を思い悩んでいたため、深芳野は自害してしまったのだ。

悲しみにくれる利政に、高政は、「母上を、父上は飼い殺しにしたのだ。」と言い、利政を責めた。

 

続けて、「母上は自分の血を継ぐ私が家督を継ぐことを望まれていた。」と迫った。

こうして斉藤家の家督は高政が継ぐことになった。

2.麒麟がくる14話の感想

3.まとめ

今回は、麒麟がくる第14話「聖徳寺の会見」のネタバレ(あらすじ)と感想についてご紹介しました。

利政と信長の聖徳寺での会見でしたが、初めは信長が遅れて利政が苛立つなど、緊迫感がありましたが、利政が信長を気に入った時は、十兵衛と同じように安堵しましたね!

そして、利政の援軍で信長は村木砦から今川軍を一掃することに成功しましたが、その後深芳野の自害という悲劇がありました。

利政は家督を高政に譲りましたが、今後の父子の関係も気になりますね!

次回も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ 麒麟がくる
ひさとの研究室
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました