麒麟がくる13話 ネタバレ(あらすじ)!感想も!秀吉がついに登場!

ドラマ-映画-アニメ
スポンサーリンク

麒麟がくる第12話では、光秀がめでたく結婚するも土岐頼芸と斎藤道三の対立の構図が深まりました。

さらに、織田信秀も亡くなり、さらなる動乱に突入していきそうです。

麒麟がくる第13話ではいよいよ木下藤吉郎(豊臣秀吉)が登場します!

 

 

それでは、麒麟がくる第13話「帰蝶のはかりごと」ネタバレ・あらすじと感想をご紹介します。

 

まだ、麒麟がくるを視聴していないという方はU-NEXTで視聴できるのでチェックしてみてください。

\詳しくはこちら/

スポンサーリンク

1.麒麟がくる13話のネタバレ(あらすじ)

斎藤道三は、鷹の爪に毒を盛られたことによって、土岐頼芸との戦を覚悟するようにと命じていた。

しかし、斎藤高政は光秀に対し、「共に父(斎藤道三)を倒そうと」誘惑していた。

光秀はそのことが気がかりで明智荘でもずっと考え込んでいた。

 

ある日、光秀は「鉄砲の話がある」と嘘をついて、斎藤道三のいる稲葉山城へ赴いた。

光秀は、斎藤道三に「どちらの味方になるべきか迷っている。しかし、ご恩のある殿に弓をひくことはできない。なぜ土岐様と戦をするのか」と伝えた。

 

すると斎藤道三は、「もうよい」と光秀をたしなめた。

さらに、斎藤道三は、「初めから戦をする気は無い。ただし、土岐頼芸にはこの国を穏やかに出て行ってもらう」と話した。

そして、斎藤道三は光秀に「鉄砲を30丁程揃えて鉄砲組を作るから、指南役をしてほしい」と逆に依頼をした。

 

その頃、土岐頼芸の館では、土岐頼芸が飼っていた鷹が全て殺されるという事件が発生していた。

土岐頼芸は恐怖のあまり、自身の館を斎藤高政に守るように命じ、逃げ出した。

 

そんな土岐頼芸の様子を見た斎藤高政は急いで斎藤道三の元へ向かった。

斎藤高政は、斎藤道三に会うとすぐに声を荒げてまくし立てた。

 

しかし、斎藤道三は全く動じなかった。

すると、斎藤高政はさらに怒り「本当の父を失った口惜しさは分かるまい!」と声を荒げた。

 

それでも斎藤道三は動じず「マムシと陰口を叩かれる下賤な男がお前の父親だ」と言った。

しかし、斎藤高政は「自分には土岐家の血が流れている!」と一歩も譲らなかった。

 

 

その頃、東庵と駒は駿河に来ていた。

その道中、「字が読めないと出世できないと聞いたので勉強している。この字はなんと書いてあるのか教えてほしい」と農民の男に声をかけられた。

 

その男は藤吉郎であった。

駒が、藤吉郎に聞かれた字の読み方を教えると、藤吉郎はとても感嘆した

 

藤吉郎は、「これからは今川義元の時代だ!自分も今川義元の城下で一旗あげようと思う!」と意気込んでいた。

 

 

天文22年、織田信長の家老・平手政秀が切腹した。

ある日、織田信長の元に斎藤利政から手紙が届いた。

 

内容は、家督を継いだ信長に一度会っておきたいということだった。

しかし、信長は国の内外に敵がいて四面楚歌の自分をおびき寄せて殺すつもりではないかと疑った。

 

そして、帰蝶に「会いに行かないと伝えてくれ」と頼んだ。

しかし、帰蝶は断れば、和睦関係がなくなるのではないかと心配していた。

 

次の日、帰蝶は、信秀の弔いのために芸をしていた「伊呂波太夫」を部屋に呼び寄せた。

なんでも伊呂波大夫は戦の時に兵を集めることができるとのことだった。

 

帰蝶は伊呂波太夫に「鉄砲を揃えたい」と依頼した。

しかし、伊呂波太夫は「すぐには無理でございましょう」と話した。

すると、帰蝶は不敵な笑みを浮かべ、手付金として砂金を見せつけた。

 

 

その後、斎藤道三は、明智光安と光秀を稲葉山城に呼び寄せた。

斎藤道三は、織田信長と尾張の聖徳寺で面会することとなったため、信長の顔を知っている光秀に同行するように命じた。

斎藤道三の元には清洲城の守護代・織田彦五郎も織田信長を討とうと誘いが入っており、斎藤道三は、織田信長のことを面会で判断しようとしていた。

 

美濃を出た斎藤道三は聖徳寺の近くで信長を待ち伏せていた。

斎藤道三は、織田信長がつまらない人物であれば、すぐに寺を取り囲んで攻め入るつもりであった。

 

そこに、織田信長勢が向かってきた。

斎藤道三はその光景に目を疑った。

 

なんと織田信長は300以上の鉄砲隊を引き連れて現れたのだった。

そんな中、信長はいつもどおりの安っぽい格好で馬に乗っていた。

2.麒麟がくる13話の感想

 

 

3.まとめ

今回は、麒麟がくる第13話「帰蝶のはかりごと」のネタバレ(あらすじ)と感想についてご紹介しました。

信長を見極めようとする斎藤道三に対して、信長が大勢の鉄砲隊を見せつけるという破天荒ぶりが発揮されましたね!

さらに、藤吉郎も登場し、戦国時代の主役たちが揃ってきたのではないでしょうか?

次回も楽しみにしたいと思います。

 

まだ、麒麟がくるを視聴していないという方はU-NEXTで視聴できます。

無料体験期間31日間を利用すれば無料で麒麟がくるを視聴できるのでチェックしてみてください。

詳しくはこちら

 

\視聴率とネタバレはこちら/

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました