菊池涼介が裁判!元交際相手Aの顔画像や経歴は?美人局?ハニートラップ?

芸能
スポンサーリンク

広島カープの菊池涼介選手が東京簡易裁判所に調停申立書を提出したことが明らかとなりました。

広島カープの菊池涼介選手が3月6日付で東京簡裁に調停申立書を提出したことが本誌の調べでわかった。交際相手の女性から8千万円の慰謝料を請求されたという訴えだが、交際相手との言い分には大きな隔たりがある。一体、何があったのか?
出典:yahoo news

2019年オフに結婚し、4月には子供も誕生する菊池涼介氏ですが、一体何があったのでしょうか?

まず、元交際相手のAさんは菊池涼介氏に対し、8千万円の慰謝料を請求してきているようです。

 

そして、菊池涼介氏が訴訟に至った理由は、元交際相手Aさんの主張と菊池涼介氏の認識には大きな違いがあるためのようです。

 

そこで、菊池涼介氏の元交際相手Aさんがどんな人なのか調べてみました。

スポンサーリンク

1.菊池涼介の元交際相手Aとは?

最も気になるのは元交際相手Aさんとはどんな人物なのかというところですが、

残念ながら、一般人であるため顔画像は見つかりませんでした。

また、名前や年齢も明らかになっていないようです。

情報が入り次第更新します。

 

下記に元交際相手Aさんについての情報をまとめました。

・大手企業に長年勤務していた

・広島出身の知人から紹介されて、菊池氏と出会った

・菊池涼介氏が独身時代からの付き合い

元交際相手Aさんの経歴についても多くは明らかになっていません。

2.菊池涼介氏と元交際相手Aさんは不倫関係?

菊池涼介氏と元交際相手Aさんの関係をまとめました。

・Aさんとの最初のデートは東京でドライブ

・10日後に菊池涼介氏とAさんは肉体関係を持った

・1〜2ヶ月に1回程度会っていた

・現在の妻である元CA女性と出会ってからは疎遠になった

・菊池涼介氏は結婚後に報告のメッセージをAさんに送った

・菊池涼介氏が結婚した後も肉体関係を持った

・Aさんは菊池涼介氏との不倫関係が原因で心療内科に通った

・1月28日 Aさんは弁護士を通して8千万円を請求

菊池涼介氏が、元交際相手Aさんが肉体関係にあったことは事実のようです。
また、結婚後もAさんと肉体関係を持ったことから、不倫関係にあったようです。
 
  • しかし、大きな問題は菊池涼介氏と元交際相手Aさんが交際時の認識が違っていたことのようです。

3.元交際相手Aさんは結婚するつもりだった?

菊池涼介氏と元交際相手Aさんの認識の違いから今回の訴訟に発展してしまいました。

お互いの認識はどうだったのでしょうか?

【菊池涼介氏の認識】

「Aさんには恋愛感情はなく、私から一方的に〇日に東京だけどという感じでSNSのメッセージを送信したりしていました。Aさんの都合が合えば、ホテルで一夜を過ごす感じでした。恋人同士なら、好きだとか、愛しているとかそういうやりとりになるじゃないですか。けど、私とAさんとの間は、お互いの日程を伝える内容だけで恋愛感情は感じられませんでした」
出典:yahoo news

 
【元交際相手Aさんの認識】
「Aさんは大手企業に長年勤務した一般女性です。菊池氏に『早く結婚したい。子供を産んでくれるか』などと言われ、結婚を前提にした交際と信じていました。
出典:yahoo news
 
お互いの認識は、菊池氏は「恋愛感情はなかった」、元交際相手Aさんは「結婚前提の交際」という違いがあったようです。
 
また、菊池涼介氏は、普段からAさんから連絡が来ることはあまりなく、恋愛感情は感じられなかったとしています。
一方で、元交際相手Aさんは、菊池涼介氏に気持ちを確認しているとしており、主張は真っ向から対立しています。
 
そして、菊池涼介氏は、元交際相手Aさんに誤解が生じさせた可能性があるとして500万円の和解金を用意したようですが、Aさんの要求は8千万円であり、金額も大きく異なっています。

3.ツイッターの反応。Aさんは美人局?

シーズン開幕を前にした菊池涼介氏の女性関係のニュースにツイッターでも大きな話題となりました。

また、結婚発表後に大きな問題になったことから、元交際相手Aさんは美人局?との声もありました。

Aさんにも問題があったかもとしながらも、ほとんどは菊池涼介氏の脇の甘さを指摘するコメントでした。

4.まとめ

今回は、菊池涼介氏の元交際相手Aさんについて調べてみました。

元交際相手のAさんは一般人ということもあり、情報はほとんど明らかになっていないようでした。

追加情報がありましたら追記します。

 

また、結婚が明らかになってから発覚した菊池涼介氏の女性問題ですが、菊池涼介氏の脇の甘さが招いた問題とする意見が多かったです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました