藤浪晋太郎と食事した女性や選手は誰?合コン?場所や参加人数は?

スポーツ選手
@‚c‚…‚m‚`í‚ɐ攭‚µ‚½ã_E“¡˜QbŽq‰€
スポンサーリンク

阪神の藤浪晋太郎投手が新型コロナウイルスに感染していたことが確認され、野球界に衝撃が走りした。

藤浪晋太郎さんは徐々に回復しているとのことですが、食事会に参加していた他選手や女性も新型コロナウイルスに感染するなど徐々に感染が拡大しています。

 

藤浪晋太郎さんと食事をしていた選手や女性は一体誰なのでしょうか?

そこで今回は、藤浪晋太郎さん参加した食事会の人数や場所など調べてみました。

スポンサーリンク

藤浪晋太郎の他にコロナウイルスに感染した選手は誰?

報道では藤浪晋太郎さんだけが実名報道でしたが、一緒に食事会に参加していた他の選手は一体誰なのでしょうか?

その後、阪神球団による発表があったようです。

阪神では27日に伊藤隼、藤浪晋太郎投手、長坂拳弥捕手が新型コロナウイルスで陽性と診断されたことを公表した。
出典:yahoo news

新型コロナウイルスに感染したのは伊藤隼さんと長坂拳弥さんとのことです。

他球団の選手との接触もあったようですので、しっかりと感染者の氏名を公表して対応したのだと思われます。

藤浪晋太郎の食事会に参加していた女性は誰?場所は?

藤浪晋太郎さんと食事会に参加していた女性は2人がコロナウイルス陽性でしたが、3月29日に新たに1人の感染が確認され、3人に増えています。

 

この20代女性3人とは一体誰なのでしょうか?

まず、藤浪選手と感染女性の関係性ですが、「不明」とのことです。

感染女性とは旧知の仲ではなく、もしかしたら食事会に初めて知り合ったか、知り合ってから間もないのかもしれません。

また、女性の職業も不明とのことですので、これから行動歴などを調査する段階で明らかになってくるものと思われます。

ただ、公表はされないかもしれません。

 

そして、藤浪晋太郎さんらが食事会をした場所は、藤浪さんの知人宅であったとのことです。

 

追記

藤浪晋太郎さんと食事会に参加した女性の中に関西テレビのアナウンサーがいたという報道がありました。

この食事会の翌15日、藤浪が関西テレビの若手アナウンサーと会食し、関西テレビがアナを出勤停止にしていることがわかった。

 関西テレビ関係者が証言する。

 

「藤浪さんとうちの20代のアナウンサーと記者とで食事をしていました。現在、この2人は出勤停止になっています」
出典:文春オンライン

20代のアナウンサーは出勤停止となっていますが、コロナウイルスの症状はないとのことです。

よって、感染した女性は別の女性と考えられます。

藤浪晋太郎の食事会は合コンだった?

藤浪晋太郎さんの食事会には複数の男女が参加していることがわかっていることから、世間では豪高ではないの?との声が多くありました。

実際に合コンであったかどうかは不明ですが、藤浪晋太郎さんは独身ですので、合コンに参加すること自体は問題ないと思います。

しかし今は新型コロナウイルス感染のリスクがあるため、大人数での会食は自粛するのが懸命であったと思われます。

 

藤浪晋太郎さんは新型コロナウイルスの初期症状の時点で、異常を訴えて早期に感染確認できたことから、その行動を絶賛する声が相次ぎましたが、合コンに参加と判明し、評価が急落してしまっているようでした。

藤浪晋太郎の食事会の参加人数は?

藤浪晋太郎さんが参加した食事会ですが、新型コロナウイルスに感染した人以外にも参加者がいたようです。

報道によるとその人数は13人以上とも言われています。

谷本副社長は「藤浪が到着したときに12人いたと。その後、お友達を呼んだ、ということなので、のべ何人かはわからない。12人以上いた可能性はあります」と説明した。
出典:サンスポ

一部では、30人程度いたのではないかといった噂も流れているようでした。

どちらにしても、コロナウイルスのリスクがある仲で、大勢で食事会をしたというのは反省すべき点となりそうです。

 

さらに、食事会の参加者は入れ替わりがあったため、正確な人数を把握することは難しいかもしれないとされています。

その結果「12人」は藤浪がその食事の席に到着した時点の人数で、その後に球団外メンバーが入れ替わったか増えた可能性があるという。球団は、食事会が開催された知人宅は数部屋あるため正確に把握しづらく、延べ人数については「分からない」とした。
出典:yahoo news

最後に

今回は、藤浪晋太郎さん参加した食事会の人数や場所など調べてみました。

食事会は13人以上の大人数で開催され、場所は藤浪さんの知人宅であったようです。

やはり、大人数で密閉した空間にいるということは新型コロナウイルス感染リスクを高める行動のようです。

これ以上感染者を増やさないためにもひとりひとりが予防対策に取り組む必要がありそうです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました