ハケンの品格2がイライラする?感想や評判は?前作との違いは何?

ドラマ-映画-アニメ
スポンサーリンク

13年ぶりに帰ってきたハケンの品格が放送開始されました。

篠原涼子さん演じる大前春子が、様々な難題を解決していくのが快感ですよね!

 

そんなハケンの品格ですが、「イライラする」と言った感想が多くあるようです。

なぜハケンの品格はイライラすると言われたのでしょうか?

そこで今回は、ハケンの品格2がイライラする?感想や評判は?前作との違いは何?のタイトルでお送りします。

スポンサーリンク

1. ハケンの品格2がイライラする?

まずは、ハケンの品格がイライラするというツイッターの声を調べてみました。

ツイッターではハケンの品格がイライラするという声がたくさんありました。

ハケンの品格自体は面白いけど、見ていてイライラするという声がとても多いようです。

2. ハケンの品格2はなぜイライラするの?

ハケンの品格2はイライラすると言われていますが、どこがイライラするポイントなのでしょうか?

さらにツイッターの声を調べてみたところ

①東海林さんが上司じゃない
②働き方が変わった

といった声がありました。

①東海林さんが上司じゃない

ハケンの品格シーズン1では大泉洋さん演じる東海林さんが派遣の上司でした。

東海林さんには温かみを感じていた視聴者も多くいましたが、今回の宇野一平(塚地武雅)にはイライラする人が多いようです。

②働き方が変わった

ハケンの品格シーズン1が放送されていた13年前と比較すると現在は、働き方が大きく変わりました。

ひとりひとりの働き方や生き方が重視されるようになり、個人が尊重される時代に変わっています。

確かに、社員と派遣で待遇が違うのは当たり前です。

しかし、ハケンの品格2では、派遣社員への当たりの強さが時代錯誤的であり、イライラさせているようです。

3. まとめ

今回は、ハケンの品格2がイライラする?感想や評判は?前作との違いは何?のタイトルでお送りしました。

ハケンの品格2は注目の続編で楽しんでいる方も多いです。

一方で、前作に比べると「イライラする」と言った声もありました。

その原因には、「キャストの違い」や「働き方の変革」が背景としてあるようです。

 

時代とともにドラマの感じ方が変わるというのも仕方ないことかもしれません。

ただ、大前春子の活躍は前作から変わらないので楽しみにしましょう!

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました