林真琴検事長の評判は?出身や経歴・学歴がすごい!安倍政権との関係は?

ニュース
スポンサーリンク

政府は黒川弘務前東京高検検事長が賭け麻雀をしていたために空いていた検事長のポストに

「名古屋高検検事長の林真琴氏」選出しました。

 

安倍政権は検察庁法改正の成立を目指しているときに黒川前東京高検検事長のスキャンダルがは赫赫するなど、大打撃を受けていました。

 

慎重に後任を選出したと思いますが、「林真琴氏」とは一体どんな人なのでしょうか?

そこで今回は「林真琴東京高検検事長」の評判や経歴について調べてみました!

スポンサーリンク

1. 林真琴検事長の経歴は?

名古屋高検検事長も務めた林真琴氏は一体どんな人物だったのでしょうか?

林真琴検事長のプロフィール

生年月日:1957年7月30日
年齢:63歳(2020年5月時点)
出身地:愛知県豊橋市
高校:時習館高等学校
大学:東京大学法学部第I類

林真琴検事長は東京大学の出身です。

検事長クラスまで上り詰める人というのはやはり高学歴なんですね!

東京大学法学部の偏差値は約67.5です。

センター試験は9割以上獲得しないと入学は難しいと言われています。

 

そして、林真琴検事長の出身高校・時習館高等学校の偏差値は約70です。

偏差値70は全国約10000校の中で177番目のようです。

入学してからが大切との口コミもありますが、入るだけでも凄すぎです・・・。

◇愛知県立時習館高等学校

〒441-8064 愛知県豊橋市富本町国隠

公立の高校ですが、こちらも難関高です。

東京大学を目指すような人たちばかりが入学する高校なのかもしれませんね!

ちなみに、時習館高校の卒業生には元公明党代表の太田昭宏氏などがいます。

他にも国会議員や政治家が多数卒業しています。

林真琴検事長が扱った事件は?

林真琴検事長はこれまでどんな事件に関わってきたのでしょうか?

リクルート事件(1988年)

1988年(昭和63年)6月18日に発覚した日本の贈収賄事件である。

リクルートの関連会社であり、未上場の不動産会社、リクルートコスモス社の未公開株が賄賂として譲渡された。贈賄側のリクルート社関係者と、収賄側の政治家や官僚らが逮捕され、政界・官界・マスコミを揺るがす、大スキャンダルとなった。

当時、第二次世界大戦後の日本においての最大の企業犯罪であり、また贈収賄事件とされた。
引用元:Wikipedia

第一勧業銀行総会屋利益供与事件

株主としての権利を濫用し、銀行から不当に金品を収受・要求する総会屋に、不祥事発覚を恐れた旧第一勧銀が、多額の融資などを供与していた利益供与事件
引用元:キャリタス就活

第一勧業銀行とは現在のみずほ銀行のことです。

当時の林真琴検事長は「東京地検検察庁特別捜査部」の検事でした。

以前からかなり大きな事件に関わってきたことがわかりますね。

 

他にも刑務所改革や監獄法改正にも携わっています。

2. 林真琴検事長の評判は?

学歴・経歴ともにすごい方であることがわかった林真琴検事長ですが、

東京高検検事長に抜擢されたことについてSNSでどんな意見があるのか調べてみました。

林真琴氏が東京高検検事長になることについてSNSでは「朝日新聞」との関係を疑う声が多くありました。

一体なぜなのかネット上での噂をまとめました。

・林真琴氏は朝日新聞と関係が深い

・林真琴氏は朝日新聞に情報をリークしている

・朝日新聞は林真琴氏が東京高検検事長になりそうだとわかるとお祝いに行った。

・林真琴氏はカルロスゴーン逮捕を朝日新聞にリークした

どれも確実とは言えないかもしれませんが、仮に本当であれば今回の人事は怪しすぎますよね。

さらに、黒川弘務氏は朝日新聞の記者と賭け麻雀をしており、こちらもハニートラップではないか?という声もありました。

 

東京高検検事長に林真琴氏が選出されるために、マスコミが動いていたとすれば国民としては到底受け入れることができないと思います。

今回の林真琴氏の選出にも怪しい点が多くあるので、また一波乱あるかもしれません・・・

3. 林真琴氏と安倍政権のつながりは?

黒川弘務氏は安倍政権との繋ガリガ強すぎると批判されていましたが、林真琴氏はどうだったのでしょうか?

現在、検察のトップである検事長は稲田伸夫氏ですが、次期検事総長は林真琴氏が有力でした

 

しかし、検察庁法改正案によって検察官の定年が65歳に引き上げられることで、

一転して、黒川弘務氏が次期検事総長として有力となりました。

おそらく黒川氏の実績を買われたのだと思いますが、安倍政権との繋がりが強すぎるとも感じてしまいますね。

 

しかし、今回黒川弘務氏が検事長を辞職したことで、再び次期検事総長には林真琴氏が有力となっています。

2020年7月に交代時期が来るので、林真琴氏が検事長の定年である63歳になる前に検事総長になると思われます。

 

こういった一連の経緯から考えると林真琴氏は黒川弘務氏ほど安倍政権との繋がりは強くなさそうです。

4. まとめ

今回は、東京高検検事長に選出された林真琴氏の経歴と評判について調査しました。

林真琴氏は難関高校を卒業後、東京大学に入学した超エリートです。

検事としても、重大な事件に関わっており、東京高検検事長に選出されるのは当然の流れとも言えそうです。

 

しかし、東京高検検事長に選出された経緯を巡っては、マスコミとの関係性が疑問視されており、適正な人事であったのか疑問に思っている方が多いようです。

今後も一波乱ありそうな人事ですので、林真琴検事長の動向に注視しましょう!

 

ここまでご覧いただきありがとうございました

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました