半沢直樹2のキャスト出演者と相関図!あらすじや主題歌も!堺雅人主演!

テレビ・映画
スポンサーリンク

堺雅人さん主演の半沢直樹の続編が2020年春に放送されます!

「やられたらやり返す、倍返しだ!」などの名言や数々の名シーン、個性的なキャストの熱演が話題となり社会現象となった前作から7年、待望の続編ですよね!

初回放送日は未定となっていますが待ちきれませんね!

今回はその超話題作、半沢直樹2のキャスト出演者や相関図、あらすじと主題歌についてまとめてみました。

スポンサーリンク

1.半沢直樹2のキャスト出演者一覧

半沢直樹2に出演しているキャストの皆さんを紹介します。

半沢直樹(はんざわなおき)…堺雅人

東京中央銀行の行員だったが前作最終回で東京セントラル証券に出向させられている。

銀行の不正が許せず、曲がったことが大嫌いで「やられたらやり返す、倍返しだ」をモットーに信念を持って不正を暴く。

実家は金沢のネジ工場だったが産業中央銀行の大和田に融資を打ち切られ父が自殺。父の作ったネジを形見のように持ち歩いている。

半沢花(はんざわはな)…上戸彩

半沢直樹の妻。明るく朗らかで、銀行の不正と戦ってクタクタで帰ってくる直樹をいつも温かく迎える。

渡真利忍(とまりしのぶ)…及川光博

半沢直樹の同期、東京中央銀行本部融資部融資課調査役。

情報通で「人事が全て」と公言している。

豊富な人脈と情報網で半沢直樹をサポートしていた。

黒崎駿一(くろさきしゅんいち)…片岡愛之助

金融庁検査局主任検査官。傲慢な性格で独特のオネェ言葉で話す。

変人だが優秀で暗算が得意。

半沢に隠し財産を全て回収され怒りに燃え、その後再び対峙した時に恨みを晴らすべくネチネチと執拗な追跡をしたがことごとく失敗に終わった。

森山雅弘(もりやままさひろ)…賀来賢人

東京セントラル証券のプロパー社員。半沢の部下。

好景気のときに大量採用されただけのバブル世代に対して強い反感を持つが、半沢との出会いで変わっていく。

企業の本質を見抜く能力に秀でており、半沢をサポートする。

浜村瞳(はまむらひとみ)…今田美桜

東京セントラル証券プロパー社員。

新入社員で半沢に憧れている。

エピソードゼロでは見に覚えのないことで謹慎処分にされ、顧客口座から金を不正に引き出した犯人に仕立て上げられかけたがプログラマーの高坂の協力で身の潔白を証明した。

諸田祥一(もろだしょういち)…池田成志

営業企画部部長。バブル世代であり森山に反感を持たれている。

半沢と同じく銀行から出向してきていて、戻るために策を練っている。

広重多加夫(ひろしげたかお)…山崎銀之丞

太洋証券営業部長。ウェブサービス開発会社「スパイラル」がIT企業「電脳雑技集団」に敵対的買収をされることになりそうな時にスパイラル社側のアドバイザーとして関わる。

三木重行(みきしげゆき)…角田晃広

東京セントラル証券・営業企画部調査役。バブル世代。事務職から不満の声が上がるくらい仕事ができず、気が弱い。

東京中央銀行から出向してきていて諸田とは同期。

スパイラル社買収チームのリーダー。

玉置克夫(たまきかつお)…今井朋彦

電脳雑技集団・財務担当役員。スパイラル社の買収には消極的な態度を見せる。

尾西克彦(おにしかつひこ)…粟島瑞丸

東京セントラル証券・営業企画部調査役。森山の一つ先輩のプロパー社員。

言い方がきつく辛辣。

平山一正(ひらやまかずまさ)…土田英生

IT企業「電脳雑技集団」社長。野心家。

スパイラル社買収のために東京セントラル証券とアドバイザー契約を結ぶ。

野崎三雄(のざきみつお)…小久保寿人

東京中央銀行・証券営業部次長。

ロンドンで企業買収を手がけ、その腕前は国内屈指。

企業買収案件のチーフを任されている。

清田正伸(きよたまさのぶ)…加藤啓

スパイラル社・財務担当役員。

スパイラル社を退職して加納の新会社立ち上げに加わる。

苅田光一(かりたこういち)…丸一太

東京中央銀行・法務部次長。

半沢とは大学の同期。

原田浩平(はらだこうへい)…持田将史

東京セントラル証券・営業企画部調査役。プロパー社員。

郷田行成(ごうだゆきなり)…戸次重幸

大手PC周辺機器販売会社「フォックス」社長。

電脳雑技集団によるスパイラル社買収に関わるが裏でなにか企んでいる。

岡光秀(おかみつひで)…益岡徹

東京セントラル証券・社長。当桔梗中央銀行から一年前に出向。

部下に対しては厳しい態度をとるが、取締役社員には強く出れない。

負けず嫌いで上昇志向が高く「銀行を見返せ」が口癖。

加納一成(かのうかずなり)…井上芳雄

スパイラル社の専務であり、戦略担当役員。

しかし、社長に不信感をもち、新しい会社を立ち上げることを決める。

平山美幸(ひらやまみゆき)…南野陽子

電脳雑技集団・副社長であり社長の妻。

性格は高圧的。社員たちにも会社に尽くすことを求め、社長とともに自社の粉飾を隠蔽する。

三笠洋一郎(みかさよういちろう)…古田新太

東京中央銀行副頭取だが、頭取である中野渡と対立している。

東京中央銀行を支配するため、半沢をピンチに追い込む。

大和田暁(おおわだあきら)…香川照之

東京中央銀行の常務取締役だったが、前作で半沢により不正が暴かれて失脚した。

半沢との約束で鬼気迫る形相での壮絶な土下座をした。

失脚はしたが、処分自体はごく軽く、取締役に降格するだけで済んだ。

中野渡謙(なかのわたりけん)…北大路欣也

東京中央銀行頭取。前作で半沢に出向を命じた。

2.半沢直樹2の相関図

今回もいろんな会社の関係が複雑に絡まっていますね!

東京中央銀行に敵視される東京セントラル証券。

その東京セントラル証券は、電脳雑技集団とスパイラルの買収案件に関わっていきます。

それぞれの思惑や野望が渦巻く展開になりそうです。

半沢直樹は誰の不正を暴き、またどのように「倍返し」をするのでしょうか!?

3.半沢直樹2のあらすじ

全体のあらすじ

「半沢直樹、東京セントラル証券への出向を命ずる──」

東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描きます。
あるとき、東京セントラル証券に大型案件が舞い込む。それは、ある大手IT企業による敵対的買収で、株式取得に掛かる費用はなんと1500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。
そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった──。
果たして半沢は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」出来るのか!? 型破りのバンカー、半沢直樹の新たな伝説が、令和の歴史に刻まれる!!

引用元:TBSテレビ半沢直樹公式

4.半沢直樹2の主題歌

半沢直樹2の主題歌はまだ発表されていません。

前作は主題歌、挿入歌がなかったのでもしかしたら今回も無いかもしれませんね。

情報が入り次第追記します。

5.まとめ

今回は半沢直樹2のキャストや相関図、あらすじと主題歌についてまとめました。前作に引き続き、とんでもなく複雑な人間と会社の関係になるようですね!

半沢が出向された前作のラストにスッキリできなかった人も多かったようですが、そのフラストレーションは発散される展開になるんでしょうか?

放送される日が待ち遠しいですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました