エリクセンが倒れた理由は何?意識や体の状態・復帰はいつ?

エリクセンが倒れた理由は何?意識や体の状態・復帰はいつ? スポーツ
スポンサーリンク

2021年6月12日、デンマーク代表のクリスティアン・エリクセン選手が試合中に倒れました。

エリクセン選手が倒れた理由や、意識、体の状態が心配ですよね。

エリクセン選手の復帰がいつになるかも気になります。

そこで今回は『エリクセンが倒れた理由は何?意識や体の状態・復帰はいつ?』と題して紹介していきます。

スポンサーリンク

1. エリクセンが倒れた理由はなに?

エリクセン選手が倒れた理由は、意識を失ったからです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@the_sportaholicがシェアした投稿

 

2021年6月12日サッカー欧州選手権が行われました。(デンマーク-フィンランド戦)

デンマーク代表として出場したエリクセン選手は、前半40分を少し過ぎた頃、突然ピッチに倒れました。

突然の事に驚きながら、チームメイト達はエリクセン選手をメディアから守るため、円陣を作っています。

泣いている選手と、祈りを捧げる選手が確認できますよね。

 

両チームのサポーターも同じように、エリクセン選手の無事を祈って応援しました。

以上の事から、エリクセン選手が倒れた理由は、意識を突然失ったからでした。

2. エリクセンの意識や体の状態は?

気になるのがエリクセン選手の意識や体の状態ですよね。

エリクセン選手が倒れてから約10分間、応急処置を行いました。

素早い応急処置が功を奏したのか、ピッチを離れる時には意識が戻っていたようです。

デンマークのスポーツディレクターであるピーター・モラー氏は、ピッチを離れる頃にはエリクセンの意識は「戻っていた」と認めた。

引用元:スポルト

とにかく意識があって安心ですね!

 

また、デンマークサッカー協会からは、エリクセン選手の意識と容態は安定していると発表がありました。

クリスティアン・エリクセン(インテル)について「意識があり、容態は安定している。Rigshospitalet(国立病院)でさらに検査を受けている」と説明した。

引用元:ゲキサカ

とにかく命に別状が無い事が分かって良かったです!

検査を受けている事から、意識が無くなってしまった原因も今後は判明するのではないでしょうか。

体の状態によりますが、徐々に復帰出来るようになってほしいですね。

 

ネット上でもエリクセン選手の容態安定の発表を受けて、安堵の声が上がっています。

いきなり倒れたエリクセン選手を見て、最悪の事態を考えたサポーターも多いようです。

その分、容態安定の発表があって安心したサポーターが大多数でした。

 

現在はエリクセン選手の意識が戻り、体の状態は安定しています。

あとはエリクセン選手の復帰を待つのみですね。

3. エリクセンの復帰はいつ?

エリクセン選手が復帰する時期は決まっていません。

病院で体の状態検査を行い、意識を失った原因の特定、体に異常が無いか確認をしなければなりません。

エリクセン選手の復帰が決まるのは、病院の検査の結果次第でしょう。

サポーターからも、エリクセン選手の復帰を応援する声が上がっており、愛されている選手という事が分かります。

このように復帰を祈る声が多いですが、何よりエリクセン選手が無事という事に安心したサポーターが多いですね!

 

ちなみに、エリクセン選手は会話も問題なく出来ている事が判明していますので、復帰するのも意外と早いかもしれません!

代理人のマルティン・ショッツ氏は、病院からエリクセンが話せるようになったと報告してくれた。「彼の父親は、彼が息をしていて、話すことができると言っていた。このような状況下で誰もがショックを受けているが、もっとも喜べるニュースだ。彼のパートナーは今病院で一緒に過ごしている」とオランダのラジオ局『NPO1』に話した。

引用元:スポルト

このように体の状態も安定し、話せるようになっているので、サポーターは気長にエリクセン選手の復帰を待ちましょう!

 

以上の事から、エリクセン選手は体の状態が徐々に良くなっているため、復帰は意外と早いのではないかと考えられます。

4. まとめ

今回は『エリクセンが倒れた理由は何?意識や体の状態・復帰はいつ?』と題して紹介しました。

エリクセン選手が倒れた理由は意識を失ったからでした。

ですが、迅速な応急処置で意識や体の状態は良好を保っており、命に別状はありません。

今後はエリクセン選手が復帰出来るように、応援していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ 人物
ひさとの研究室
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました