CHEMISTRY(ケミストリー )のライブ2020のチケット当選倍率は?日程も!

音楽
スポンサーリンク

CHEMISTRYがワンマンライブ「CHEMISTRY “COUNTDOWN LIVE 19-20″」を開催することが発表されました。

これは2021年のデビュー20周年に向けたキックオフという位置付けで開催されるライブです。

 

アニバーサリーイヤーに向けてどんなライブとなるかファンにとってはとても楽しみですね!

そして、同時に気になるのはチケットの当選倍率ですよね!

 

そこで今回は、CHEMISTRY(ケミストリー)のライブ「CHEMISTRY “COUNTDOWN LIVE 19-20″」の当選倍率を予想しました!

 

スポンサーリンク

1.CHEMISTRY “COUNTDOWN LIVE 19-20″の日程

ライブ日程一覧

日程 会場 開場/開演
2020年3月7日(土) 東京国際フォーラム 17:00/18:00
2020年3月8日(日) 大阪フェスティバルホール 17:00/18:00

今回のライブは2都市2公演となっています。

 

2.CHEMISTRY “COUNTDOWN LIVE 19-20″の申し込み方法

◆ファンクラブ最速先行

申し込み期間:12月17日(火)21:00~1月6日(月)23:59

◆一般販売

2020年2月8日〜

 

【料金】

8000円(税込)

 

3.CHEMISTRY “COUNTDOWN LIVE 19-20″の当選倍率は?

当選倍率は①会場のキャパ(収容人数)に対する②申し込み数から計算したいと思います。

 

①会場のキャパ

今回の会場のキャパを一覧にしました。

日程 会場 キャパ
2020年3月7日(土) 東京国際フォーラム 5,012
2020年3月8日(日) 大阪フェスティバルホール 2,700
TOTAL 7,712

今回のライブのキャパシティは約7,712人です。それだけの人がチケットを手にすることということになります。

 

②申し込み数

申し込み数は、ファンクラブ先行があるため、ファンクラブの会員数から計算するのが理想ですが、会員数は明らかになっていません。

そこで、CHEMISTRYのツイッターのフォロワー数を参考にしたいと思います。

CHEMISTRYのツイッターフォロワー数は2019年12月時点で4.4万人です。

 

今回はこのうち1割の人が抽選に申し込むと仮定します。

すると、申し込み数は4.4万人×0.2=0.88万人(8800人)となります。

 

◆当選倍率を計算!

上で求めた①会場のキャパと②申し込み数をもとに当選倍率を計算していきます。

今回は一人当たり2枚申し込むと仮定して計算します。

 

当選倍率は以下の式で計算できます。

当選倍率=0.88万人(申し込み数)×2枚/0.7712人(キャパ)=2.28倍

会場が2つしかないので、高倍率になる可能性がありそうですね。

皆さんにチケットが届くことをお祈りいたします。

 

4.まとめ

CHEMISTRY(ケミストリー)のライブ「CHEMISTRY “COUNTDOWN LIVE 19-20″」の当選倍率を予想しました!

CHEMISTRYの20周年イヤーに向けたキックオフとなる今回のライブは注目度が高くなりそうです。

また、2公演のみの開催ということもあり、チケット倍率は高めになる可能性もあります。

一人でも多くの人がライブに行けることをお祈りいたします。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました