美食探偵明智五郎2話の原作ネタバレ(あらすじ)!ドラマとの違いや感想も!

ドラマ-映画-アニメ
スポンサーリンク

美食探偵明智五郎 第1話では、依頼に来た主婦がマグダラのマリアへと変貌してしまいました。

今後、不思議と惹かれ合っている明智五郎とマグダラのマリアの関係はどのようになっていくのでしょうか?

第2話では林檎がキーワードになりますよ!

 

それでは、美食探偵明智五郎 第2話のネタバレと原作とドラマの違いや感想についてご紹介します!

スポンサーリンク

1.美食探偵明智五郎 2話の原作ネタバレ!

原作の美食探偵明智五郎のネタバレです。

 

明智五郎は、ホテルで起きた男女の殺人事件で被害者が食べた朝食を警察の高橋竜臣に聞き出させる。

そして、ホテルに朝食のメニューを用意させることに成功した明智五郎は、小林苺に厨房を見てくるように指示した。

 

明智五郎は、小林苺が持ってきた朝食を食べるが、遺体から見つかった毒物(シアン化合物)を混入することはできないと判断した。

それは、シアン化合物は痺れが強く、食べた瞬間に吐き出されてしまうと推測したためだった。

 

不思議に思った明智は、被害者の胃の内容物の分析結果を上遠野に聞いた。

すると、被害者の胃の中には朝食にはないリンゴが見つかったことが判明した。

 

 

後日、リンゴが外部から持ち込まれた可能性があると判断した警察の上遠野と高橋は被害者のマンションの立ち入りに行った。

すると、すでに明智がマンションの前で待機していた。

 

しかし、明智は探偵であるため、被害者の部屋に一緒に立ち入ることはできなかった。

そのため、上遠野と高橋が立ち入り捜査をした。

捜査の結果、なんとリンゴは部屋から見つからず、箱や入れ物もなかった。

 

その頃、明智五郎は不思議に思っていた。

被害男性の「沢田剛」はごく普通の若者であり、わざわざ朝食で毒殺という手の込んだ方法を取る理由が見当たらないのだった。

 

そして、明智五郎は毒殺する犯人の特徴は「殺人者である自分の存在をアピールしたい」人間ではないかと推測を立てるのだった。

それはまさに、殺人鬼となった「マグダラのマリア」と一致するのだった。

 

 

後日、毒殺のあったホテルを訪れた明智は支配人に頼んで、宿泊者リストを閲覧していた。

そして、宿泊者の中に「マグダラのマリア」という人物がいることを発見した。

 

その時、明智のそばにいた支配人の元に刑事から電話がかかってきた。

なんと、遺体の「舌」に火傷の跡があったというのだ。

 

明智は火傷の話から、犯人は熱い料理の中にシアン化合物を混入させたのではないかと推測した。

しかし、どうやって朝食のリンゴの中に混入させたのかで行き詰まってしまった。

 

すると、小林苺は「リンゴジャムの出来立ては熱いですよ」と明智に話した。

その話を聞くと明智は支配人にリンゴを用意させて、苺にリンゴジャムを作らせた。

 

 

苺はリンゴジャムを作ると明智、上遠野、高橋に振る舞った。

明智の予想通り、何も知らない上遠野と高橋は口の中を火傷してしまった。

自分の推理が正しいと判断した明智は、被害者の胃の中のリンゴに加熱した後がないか調べさせた。

 

さらに、明智は、犯人はリンゴジャムを部屋で調理して振る舞ったのではないかと推測した。

そして、その方法であれば、ただのリンゴでも珍しがって食べるのではないかと考えた。

 

 

一通りの推理を終えた、明智と苺は一緒に屋台でおでんを食べた。

話の途中苺は「リンゴジャムを卓上コンロで振る舞うのはできないのではないか?」と明智に話す。

苺曰く、支配人が用意したリンゴの品種「富士」では煮る時間がかかりすぎるというのだった。

 

そんな話をしていると明智の元に上遠野から電話がかかってきた。

上遠野は明智に被害者が食べたリンゴは加熱された可能性が高いことを伝えた。

 

さらに、上遠野は被害男性は二股をしていたことを明かした。

一人は亡くなった被害女性「川上エリ」で、もう一人は青森でリンゴの農園と同じ住所に住む女性だった。

 

この話を聞いた明智は苺に大好きだという寿司をご馳走すると約束して、苺を青森まで同行させた。

青森についた明智と苺は、青果店に行くとジャムの最もふさわしいリンゴの品種を探し始めた。

 

しかし、なかなかジャムにふさわしいリンゴを特定できないでいた。

すると、青果店の店主がジャムにするリンゴは傷ついて売り物にならないもので作っていることを教えてくれた。

 

明智は傷ついたリンゴは農園でもらえることを聞き出すと、高橋が教えてくれた二股されていた女性が住むリンゴ農園に向かった。

明智と苺がリンゴ農園に着くと、ひとりの若い女性が農園にいた。

 

明智はリンゴ狩りがしたいと女性に伝えたが、女性は不審がってリンゴ狩りはやっていないと明智たちを帰そうとした。

そのままでは帰れない明智は、女性が持っていたリンゴの品種を聞いた。

 

伝えるかどうか悩む女性であったが、後ろから女性の祖父が「それは茜じゃ」と品種を教えてくれた。

女性の祖父は、リンゴ「茜」を苺に渡すと、慌てた女性は祖父を連れて家の中に入っていった。

 

外に取り残された明智は、苺にその場で持ってきたコンロでリンゴジャムを作るように指示した。

苺は、持っていた数種類のリンゴで一通りジャムを作り、最もジャムに向いているのは「茜」だと突き止めた。

 

すると明智は、「茜」と話をしようといって、リンゴ農園の中に入っていった。

明智は、女性を見つけると「茜」さんと声をかけた。

女性の名前は、リンゴの品種名と同じだったのだ。

 

明智が、被害男性の沢田剛が茜の作ったジャムで毒殺されたことを伝えると茜はひどく動揺した。

しかし、明智が探偵であり、逮捕しにきたわけではないことを伝えるとゆっくりと口を開いて事の顛末を話し始めた。

 

茜は、ずっと苺ジャムを作っては沢田剛に送り続けていた。

しかし、そのジャムは沢田の浮気相手が食べていたのだった。

それが許せなかった茜は「マグダラのマリア」に殺害を依頼したのだった。

 

それでも、茜には一つ誤算があった。

茜は、彼氏の沢田剛はリンゴジャムを食べないと思っていた。

 

それは、沢田が送り返してくるジャムは食べられずに腐っていたからだった。

しかし、ホテルで振る舞われたリンゴジャムは、喜んで食べるような彼氏ならもうどうでもいいと気持ちを吐露した。

 

茜が一通り話し終えると、令状を持った上遠野と高橋がリンゴ農園に到着した。

苺は、茜が逮捕されてしまうことを心配したが、明智は「茜は殺したいと思っていただけだ」と諭した。

 

茜が、明智に「今度ジャムを食べてください」と話すと、明智は「最後の晩餐候補にしておくよ」と言って、リンゴ農園を後にした。

 

事件が解決した後も、明智五郎は「このゲームはまだ始まったばかり」と気を引き締めた。

2.美食探偵明智五郎 2話のドラマと原作の違い

ドラマと原作では以下のような違いがありました。

①宿泊者リストがすでに調べてあった

②家宅捜査には明智五郎が待ち伏せていましたが、ドラマでは明智は事務所で待機

③ドラマでは、被害者の口の火傷を苺が明智家で熱い食事を食べたことから突き止めたが、原作では支配人から聞いた

④原作では青森へ新幹線で行ったが、ドラマでは桃子が車を運転した

⑤ドラマではリンゴジャムの思い出を茜の祖父が細かく説明

⑥ドラマではマリアと明智五郎が事務所で出くわした

他にも細かいところはありますが、原作とドラマでは少しずつ変わっていました。

苺が大活躍する回になったのは同じでした!

3.感想

美食探偵明智五郎 第2話では、林檎(茜)の切ない話となりましたね。
しかし、さすがの美食探偵とあって、ちょっとした変化を見逃さずに、犯行の手口にたどり着いて行きましたね。

そして、リンゴジャムは品種によって煮る時間が違うんですね。
全く知らなかったです。勉強になりました。

マグダラのマリアは黒幕となりましたが、今後も犯行は続けていくようですので、どのタイミングで明智五郎と再会するのかも楽しみですね!

以下、ツイッターの反応です。

 

 
 
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました