BG 身辺警護人2020のキャスト出演者と相関図!あらすじと主題歌も!木村拓哉主演!

BG身辺警護人
スポンサーリンク

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』が毎週木曜日21:00より放送されます。

4月16日放送開始予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大により撮影が遅れているため、放送開始が延期になってしまいましたが、放送開始がとても楽しみですね!

主演を務めるのは、『HERO』、『ロングバケーション』、『GOOD LUCK!!』等の代表作で知られる木村拓哉さんです。

丸腰の状態であらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの生き様と戦いを描いたドラマで、前作から約2年ぶりとなる新シリーズが始まるということでとても楽しみですよね!

前作は“チーム戦”、本作は“個人戦”として物語が展開していくということで、お話の流れを掴むためにも、人物像をしっかりと把握しておきましょう。

そこで、今回はドラマ『BG〜身辺警護人〜』の出演者、キャスト、相関図についてまとめていきます。

スポンサーリンク

1.ドラマ『BG〜身辺警護人〜』のキャスト出演者一覧

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』に出演しているキャストの皆さんを紹介します!
※画像は『BG〜身辺警護人〜』公式HPから引用

島崎章(しまざき・あきら)…木村拓哉

群を抜いたスキルを持つ私設ボディーガード。

警護でミスを冒しサッカー選手・河野純也から選手生命を奪ってしまい、長い間身辺警護業務から退いていたものの、「日ノ出警備保障」の身辺警護課に異動となり、新人として復帰しました。

そして、「日ノ出警備保障」がIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「KICKS(キックス)ガード」となった後も身辺警護課で働いていました。

しかし、利益を重視し依頼主を政財界のVIPに限定する経営方針に納得がいかず、再度「弱き者の盾になる」という使命を貫くため退社し、フリーとして再出発することに。

プライベートでは離婚後、反抗期の一人息子・瞬と二人暮らしで、接し方に悪戦苦闘中。

【木村拓哉さんのコメント】

警護に関しては非常に完璧だけど、それ以外の恋愛や親子関係などでは発展途上。
そんな“まだ完成されてない感”が島崎章の魅力だと、僕は感じています。

ただ、体を張って警護対象者を護る“現場主義者”という点ではブレていないものの、今回から会社に属したキャラクターではなくなることで、描く世界観の形態が多少変わってきている。
そこを自分なりにどう楽しみ、視聴者の皆さんにどう伝えていくか…。
いろいろ考えながら、これから始まる現場での作業を心待ちにしているところです。

前回からご一緒している斎藤工さん、菜々緒さん、間宮祥太朗さんとは同じモチベーションでクランクインできると思いますし、空気もすぐに出来上がると思います。
特に、斎藤さんとは前回よりも間合い的に近い設定になりそうなので、現場でもご一緒する機会が増えると思いますし、そこも今から楽しみですね。

また、新たなストーリーを構築していく上で必要なダークサイドを仲村トオルさんが演じてくれるのは心強いですし、新キャストの皆さんを含めてのセッションを楽しんでいきたいです。

テレビ朝日さんにはシリーズ化されているドラマがたくさんありますが、その継続スタンスや努力、チームワーク、残されてきた結果と比べると、『BG』はまだまだ赤子のようなもの。しっかりとした内容や世界観を作って、継続する意味を持たせないと、ほかのシリーズ作品に失礼だと思うんです。

そんなこともあって実は今回、僕のわがままで脚本の井上由美子さん、プロデューサーの皆さん、そして斎藤さんや間宮さんにも同席していただき、台本の準備稿をもとに各々の考えや疑問点を全部吐き出すセッションをさせていただきました。
そこでみんなの意見が整理整頓され、「しっかり煮詰まったな!」と感じる決定稿が出来上がりました。あとは現場に立つのみ。

現場でもキャスト、スタッフ一丸となって取り組み、『BG』の新しいストーリーと新しい形態をしっかりと紡いでいきたいな、と思います。

引用元:ドラマ『BG〜身辺警護人〜』公式HP

高梨雅也(たかなし・まさや)…斎藤工

元自衛隊員のボディーガード。
「日ノ出警備保障」に続き、「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課でも章と共に働いていた人物。

章が「KICKSガード」を辞めた本当の理由を知ろうと章を訪ねたことから、あるクライアントを一緒に警護することに。

ぶっきらぼうで融通の利かない性格ではあるものの、仕事に対する熱い使命感の持ち主。

「KICKSガード」に勤務する菅沼まゆとは現在恋人関係にあるが…!?

菅沼まゆ(すがぬま・まゆ)…菜々緒

「KICKSガード」身辺警護課に勤めるボディーガード。

「日ノ出警備保障」でも章と共に働いていました。

将来を有望視された柔道選手だったこともあり、運動神経抜群。

ボディーガードの仕事はお金のため、と割り切っており、「KICKSガード」の方針に心から同意している訳ではないものの従っている。

やがてその働きぶりが社長・劉光明の目に留まり…!?

沢口正太郎(さわぐち・せいたろう)…間宮祥太朗

「KICKSガード」身辺警護課のボディーガードで、「日ノ出警備保障」でも章と一緒に働いていた。

物事をあまり深く考えず、ノリが軽い性格。

かつてはド新人だったが、今は一人前のボディーガードに成長しました。

章が「KICKSガード」を辞めたことには衝撃を受けたものの、最終的には「KICKSガード」に残ることを選択。

仕事を紹介したり、依頼主の情報を伝えたりするなど、会社に内緒で章に協力する人物。

中島小次郎(なかじま・こじろう)…道枝駿佑

私設ボディーガードとなった章が事務所を構えた雑居ビル内のカフェ「ジャンクション」のアルバイトの大学生。

大学では情報工学を専攻。

相手が誰でも物怖じせず、思ったことをストレートに言う性格。時に上から目線なことも。

カフェを気に入っている章に進んで声をかけ、個人事務所のホームページ作成を買って出るなど、ぐいぐい距離を縮めていきます。

島崎瞬(しまざき・しゅん)…田中奏生

章の息子で、中学3年生で高校受験生。

思春期真っ只中で父親との間に距離があります。

笠松多佳子(かさまつ・たかこ)…市川実日子

「日ノ出警備保障」が「KICKS CORP.」に買収される前からずっと身辺警護課の契約担当医を務める「菊理会 白山総合病院」の整形外科医。

身体のケアだけでなく、命懸けのボディーガードの愚痴を聞き、数少ない味方となってくれる、章たちにとっての癒やしの存在。

小俣健三(おまた・けんぞう)…勝村政信

亡くなった村田五郎の後任として就任した「KICKSガード」の身辺警護課長。

身辺警護に対する姿勢は、ハートで護るという考えだった村田とは大きく異なり、組織の強さで護るという考えを持っています。

社長の劉光明の経営方針に追従し、独立した章たちを徹底的に敵視します。

村田のもとワンチームとなった身辺警護課をかき乱していく人物です。

劉光明(りゅう・こうめい)…仲村トオル

ID系総合企業「KICKS CORP.」社長。

ある理由から警備業界に目をつけ、「日ノ出警備保障」を買収しました。

中国人と日本人の両親を持ち、卓越した経営手腕の持ち主。

ビジネス面での成功を重視するため、ボディーガードの地位と利益を上げるためクライアントを政財界のVIPに限定するべき、という考えを持っています。

紳士的な好人物に見えますが、人の命を金銭で量るという一面も持ち、実は腹の底に大きな秘密を抱えています。

組織を去った章たちに対して内心良く思っておらず、何かを企んでいる模様。

2.ドラマ『BG〜身辺警護人〜』の相関図

引用元:ドラマ『BG〜身辺警護人〜』公式HP

「KICKS CORP.」を離れ、私設ボディーガードとなった章と、「日ノ出警備保障」の頃から共に働いていた高梨、菅沼、沢口の今後の関係性に注目です。

そして、組織を去った章を良く思っておらず敵視している「KICKS CORP.」の身辺警護課長・小俣と社長・劉が物語にどう影響するのか、とても気になりますね!

章と共に警護を始めた高梨と、組織に残る決断をした菅沼の恋人関係の行方にも注目したいです!

3.ドラマ『BG〜身辺警護人〜』のゲスト

ゲスト出演者についての役紹介、コメントはまだ発表されていませんが、第1話のあらすじを元に、第1話ゲストをまとめます。

第1話ゲスト

桑田宗司…小木茂光

与党議員。
自身主催の後援会パーティーで章たちにボディーガードを依頼します。

松野信介…青木崇高

「関東工科大学」の元講師で、3年前に鍵がかけられた研究室で研究員を窒息死させた容疑がかかり、業務上過失致死と判断され禁錮刑となり、服役中です。
刑期満了を翌月に控え、亡くなった綾子、迷惑をかけた教授に謝罪するため研究室まで同行してほしい、と章に依頼します。

伊丹綾子…竹島由夏

松野が窒息死させた研究員。

坂上司…神保悟志

関東工科大学の教授。

松野は坂上に事件で迷惑をかけてしまったことを謝罪したいと言い、章に同行を依頼しました。

4.ドラマ『BG〜身辺警護人〜』のあらすじ

全体のあらすじ

前作では民間警備会社「日ノ出警備保障」の身辺警護課に所属し、組織の一員として任務を全うすることにすべてを賭ける男だった章。

しかし、今作では「日ノ出警備保障」を買収した大会社の“利益優先”方針に疑問を感じた章が、警備の基本でもある「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、組織を飛び出すことに!

そんな中、「日ノ出警備保障」時代からの仲間・高梨雅也(斎藤工)は、章が辞めた本当の理由を聞きだすため、章のもとにやってきます。

そこで一緒に警護をするうちに、高梨の心にも変化が生まれ…!?

組織という枠組みから抜け出し、私設ボディーガードとなった章は“個人”として何を考え、どうクライアントを護っていくのか――。

独立した章たちを敵視する組織とのせめぎ合い、そんな組織に残ることを選択した仲間・菅沼まゆ(菜々緒)や沢口正太郎(間宮祥太朗)との関係性を縦軸に、各クライアントとの一対一の人間関係をじっくりとドラマチックに描いていく。

引用元:ドラマ『BG〜身辺警護人〜』公式HP

第1話のあらすじ

やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。

彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。

そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。

章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。

その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。

差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。

今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった!

翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。

だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。

亡くなった綾子、そして迷惑をかけてしまった教授・坂上司(神保悟志)にどうしても謝罪したいため、研究室まで同行してほしい――そう思いつめたように訴える松野と対面し、反射的に彼を護りたい気持ちに駆られるのだが…。

ほどなく、章は“信じられない光景”を目撃。

しかもそれが引き金となり、会社を突然退社し、個人で松野の警護を引き受けることに!

ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚え…!?

引用元:ドラマ『BG〜身辺警護人〜』公式HP

5.ドラマ『BG〜身辺警護人〜』の主題歌

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』の主題歌は4月11日時点でまだ発表されていませんが、サウンドトラック・オープニングテーマの音楽を高見優さんが担当することが発表されています。

実は前作も主題歌はなく、サウンドトラックのみで、同じく高見優さんが担当しました。
今回もサウンドトラック・オープニングテーマのみとなるかもしれませんね!

ここで、高見優さんのプロフィールや主な作品を見ていきましょう。

高見優さんのプロフィール

生年月日:1977年6月16日(42歳・2020年4月時点)
出身地:東京都
職業:作詞家、作曲家

高見優さんの主な作品

【楽曲提供・編曲】
・タッキー&翼
・テツandトモ
・円盤皇女ワるきゅーレ
・波田陽区
・小野真弓
・ゴリエ
・魔法戦隊マジレンジャー
・マイケル
・V6
・バニラビーンズ
・夏木マリ
・松田聖子

【テレビドラマ】
・マイ★ボス マイ★ヒーロー(2006年)
・14才の母(2006年)
・エラいところに嫁いでしまった!(2007年)
・花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007年)※河野伸と共同
・歌姫(2007年)
・佐々木夫妻の仁義なき戦い(2008年)
・学校じゃ教えられない!(2008年)※福島祐子と共同
・ROOKIES(2008年)※羽毛田丈史と共同
・メイちゃんの執事(2009年)※河野伸と共同
・漂流ネットカフェ(2009年)
・任侠ヘルパー(2009年、2011年)※河野伸と共同
・結党!老人党(2009年)
・JIN〜仁〜(2009年、2011年)※長岡成貢と共同
・月の恋人〜Moon Lovers〜(2010年)
・フリーター、家を買う。(2010年)
・花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011(2011年)※河野伸と共同
・死刑基準(2011年)
・南極大陸(2011年)※吉川慶と共同
・眠れる森の熟女(2012年)
・SUMMER NUDE(2013年)※岩崎太整と共同
・家族の裏事情(2013年)
・S -最後の警官-(2014年)
・SMOKING GUN〜決定的証拠〜(2014年)※信澤宣明と共同
・水球ヤンキース(2014年)
・一路(2015年)
・図書館戦争 ブック・オブ・メモリーズ(2015年)
・お迎えデス。(2016年)
・仰げば尊し(2016年)
・BG〜身辺警護人〜(2018年)
・義母と娘のブルース(2018年)

【映画】
・ROOKIES 〜卒業〜(2009年)
・ラブコメ(2010年)
・任侠ヘルパー(2012年)
・図書館戦争(2013年)
・好きっていいなよ。(2014年)
・図書館戦争 〜THE LAST MISSION〜(2015年)
・忍びの国(2017年)
・ニセコイ(2018年)
・記憶屋 あなたを忘れない(2020年)

【テレビコマーシャル】
・キリンビバレッジ 「キリン スープ ストック トーキョー」(2004年)
・TDK(2004年)
・ABCマート(2004年、2005年)
・JRA 日本中央競馬会キャンペーンCM(2005年)
・公共広告機構(現:ACジャパン)・日本対がん協会(2005年)
・コナミ 「がんばれゴエモンDS」(2005年)、
「パワプロクンポケット8」(2005年)、「実況パワフルプロ野球12決定版」(2005年)
・三井不動産 「パークシティ豊洲」(2006年)
・大塚ベバレジ 「CRYSTAL GEYSER」(2006年)

【テレビアニメ】
・RAINBOW〜二舎六房の七人〜(2010年)

【その他】
・ザ!情報ツウ(2002年)音楽担当
・beatmania IIDX 楽曲提供(8th style、9th style)、PS2用ソフト特典CDリミックス提供
・NHKスペシャル「日本列島 奇跡の大自然」

このように、高見優さんは人気なテレビドラマの音楽を多数担当したり、楽曲提供も有名なアーティストに数々行っているので、今作の音楽にも注目ですね!

6.まとめ

今回は、木村拓哉さん主演のドラマ『BG〜身辺警護人〜』のキャストと相関図、ゲスト出演者、あらすじをご紹介しました!

組織一丸となってクライアントを護った前作とは異なり、今作は「弱い者を護る」という使命に立ち返り、組織を離れてボディーガードを務めていくとのことなので、前作とは違った魅力がありそうですよね!

独立した章たちに立ちはだかる身辺警護課長・小俣健三、社長・劉光明の動向にも注目ですね!

 

ここまでご覧頂きありがとうございました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました