美食探偵明智五郎1話のネタバレ(あらすじ)と感想!原作との違いは?

ドラマ
スポンサーリンク

美食探偵明智五郎が4月12日よりスタートしました。

中村倫也さん演じる食通の主人公・明智五郎が難事件に立ち向かっていくドラマですが、どんなストーリーになるのか気になりますよね!

 

それでは、「美食探偵明智五郎」第1話のネタバレ(あらすじ)と感想、原作との違いをご紹介します。

 

まだ、ドラマを見ていないという方はHuluで見逃し配信されているのでぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

1.美食探偵明智五郎 第1話のネタバレ(あらすじ)

小林苺(小芝風花)はとある探偵事務所の向かいでキッチンカーの手作り弁当屋を営んでいた。

その弁当屋にランチタイムになるとよく弁当を買いに来る男がいた。

 

それは物語の主人公明智五郎(中村倫也)だった。

明智五郎は三度の食に命をかける美食家で性格は超変わり者の私立探偵。

容姿端麗で苺も明智の顔を「上の下」と評価していた。

 

しかし、苺は弁当を買ってはツケにしていく明智五郎に困り果てていた。

そこに一人のヤバそうな人が現れた。

苺はその見た目に驚いたが、その人物は警視庁捜査一課の上遠野透(北村有起哉)と高橋達臣(佐藤寛太)であった。

 

上遠野と高橋は明智五郎の江戸川探偵事務所に行くとある事件の話を始めた。

どうやらパン屋で殺人事件が起きたようだが、的外れな推理をしていたようだった。

 

しかし、上遠野が、明智五郎に殺人事件の顛末を話すと、明智はその事件を持ち前の食通ぶりで見事に解決してみせた。

事件の真相がわかった上遠野と高橋は喜んで探偵事務所を後にした。

 

上遠野と高橋が帰ると、江戸川探偵事務所にある主婦(小池栄子)が訪ねてきた。

なんでも夫の服から毎日違う香りがするので浮気調査をして欲しいとの依頼だった。

明智五郎は、依頼してきた主婦の話を一通り聞くと、浮気調査を承諾した。

 

浮気調査に乗り出した明智五郎はさっそく浮気調査対象の夫(男)を見つけるべく張り込んだ。

そして、その男を見つけると後をつけた。

 

明智五郎が、男の後をつけていくと男はとあるアパートに入っていった。

しかも、そのアパートには若い女が住んでおり、明智五郎は男が「毎日1時間の濃厚なランチタイムを過ごしていた」ことを突き止めたのだった!

 

明智五郎は証拠の写真を撮ると、ランチ弁当を持って来るためにあとをつけていた苺を呼び、弁当を食べた。

 

その後、明智五郎は1週間分の証拠写真を収めると依頼してきた主婦に調査結果を報告した。

浮気現場の写真を見た主婦は離婚を決意すると、ランチタイムを急ぐ明智に鮭のムニエルをご馳走した。

 

翌日、いつもの日常に戻った明智五郎は苺のキッチンカーから買った弁当に舌鼓を打っていた。

しかしそこに、衝撃のニュースが流れてきた!

 

先日明智五郎が突き止めた浮気現場のアパートの前で殺人事件が発生したのだった。

なんと殺されたのは依頼してきた主婦の夫であった!

 

衝撃のニュースを目にした明智五郎は慌てて主婦に電話した!

主婦が自殺しようとしていることを察した明智五郎は、主婦を葉山の高級レストランに誘った。

 

主婦は「最後の晩餐ね」と行ってその誘いを承諾した。

主婦との予約を取り付けた明智五郎は急いで探偵事務所を出ると、苺に車を出させた。

 

明智五郎が約束の葉山のレストランに着くと主婦は黒いワンピースに着替えてすでに待っていた。

目の前に出された豪華な料理を前にすると、主婦は自分の食事を淡々と食べるだけだった夫のことを嘆いた。

そして、新婚当時に購入した包丁で夫の首を切ったと自供した。

 

主婦の話を聞いた明智五郎は「罪滅ぼしに最期の夜をください」と話し、主婦に近づいたが、薬が盛られていたために気を失ってしまった。

外で待ちぼうけていた苺は、明智五郎が睡眠薬を飲まされていたことに気づくと、車に運んだ。

 

目を覚ました明智五郎は、苺に「死にたい女が行きそうな場所に行け」と命令した。

苺が検索した崖に着くとそこには主婦がいた。

しかし、明智と苺の説得も虚しく、主婦は崖から身を投げてしまった。

 

 

事件の1件以降、苺は明智五郎のことを気にしていたが、明智は全く普段と変わっていなかった。

しかし、いつものように苺の店から弁当を買った明智の元に「マグダラのマリア」からポストカードが届いた・・・。

 

 

ある日、明智五郎は東京美食倶楽部で食事会をしていた。

明智が、同席していた上遠野の食事マナーに文句を言っていると高橋がやってきて「上の階で殺人事件が起きた」と伝えてきた。

 

急遽、取り調べが入って食事会が台無しになってしまった明智五郎は、苺をホテルに呼び寄せた。

その頃、一人の女が街のビジョンで、さっきの殺人事件のニュースを見ていた・・・。

 

苺が、殺人事件が起きたホテルに着くと、明智五郎は一緒に部屋に入り、殺害された二人が食べたという朝食をオーダーした。

さらに、明智五郎は一族がホテルと大きな関わりを持っていたことを明かすと宿泊者リストを提出させた。

そして、明智五郎はホテルに「マグダラのマリア」が宿泊していたことを突き止めた。

 

 

その頃、ある店に林檎(志田未来)がある女の元を訪れていた。

その女とはマグダラのマリア(主婦)であった。

2.美食探偵明智五郎 第1話の原作との違い

原作では、冒頭に明智五郎がパン屋の事件を解決するシーンはありません。

探偵ぶりをアピールしたのかもしれませんね!

 

そして、小林苺が、主婦の依頼に立ち会ったり、自殺を思いとどまらせるときに崖から落ちそうになりましたが、これも原作ではない部分でした。

苺は、原作でもおてんばですが、ドラマはより強調されているようですね!

 

また、主婦が崖に行ったことを突き止めるシーンも原作では「葉山 崖 身投げ」と検索していて、ドラマとは異なっています。

 

ドラマ・美食探偵明智五郎では小林苺がかなり話の中に関わってくる存在として描かれているようでした!

3.美食探偵明智五郎 第1話の感想まとめ!

4.まとめ

今回は、「美食探偵明智五郎」第1話のネタバレ(あらすじ)と感想、原作との違いをご紹介しました。

いよいよ始まった美食探偵ですが、代わりのもの主人公がどんな物語を展開するのか楽しみですね!

次回も楽しみに待ちたいと思います。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました