現金給付10万円はいつから?子供や外国人は?申請方法も!(コロナ対応)

ニュース
スポンサーリンク

2020年4月17日に安倍首相が記者会見を開き、10万円の現金給付を実施することを表明しました。

賛否あるようですが、新型コロナウイルスの影響によって休業している企業や飲食店も多数ありますので、この現金10万円の給付は助かりますね!

そして、この現金給付10万円はいつからもらうことができて、どのようにもらうのでしょうか?

 

そこで、今回は安倍首相が表明した現金給付10万円がいつからもらえるのか?申請はどうやるのか?子供や外国人はどうなるのか?といった疑問について調べてみました。

スポンサーリンク

1.現金給付10万円はいつからもらえる?

生活が苦しくなっている現状では、できるだけ早く現金給付をお願いしたいところです。

現金給付の時期を調べてみたところ以下のような報道がありました。

この中で麻生副総理兼財務大臣は、一律で1人当たり10万円の給付を行うことについて「1人所帯の家庭には、30万円来るはずのものが10万円になってしまうところもあり、ご家庭によって差が出てくるとは思う。スピードをもってやるのが、いちばん大事なので少し時間がかかることになるが、それでも、できるだけ早く5月にはという感じはしている」と述べ、5月には給付を始めたいという考えを示しました。
出典:NHK NEWS

麻生財務大臣の考えでは5月からの給付を目指しているようです。

できるだけ早くという考えはあるようですが、補正予算案の組み替えが必要になりますので、多少時間がかかってしまうようです。

それでも、総務省の高市大臣は、「国民に一律10万円の現金給付にした方がシンプルなため、結果的に早く行き渡る」とコメントしており、これまでの条件付きの現金30万円給付よりもスムーズとなるようです(出典:NHK NEWS)。

2.現金給付10万円の申請方法は?

4月17日の安倍晋三首相の会見では、手続き方法について以下のようなコメントがありました。

 安倍晋三首相は17日の記者会見で、新型コロナウイルス対策として実施する全ての国民への一律10万円の現金給付について、郵送かオンライン手続きで給付する考えを示した。

 市区町村を申請の窓口とした場合、役所に申請者が殺到して感染が拡大するリスクがあるためと説明した。
出典:Livedoor NEWS

現金給付の申請方法には役所は利用しないようですね。

過去に1万2千円の現金給付が行われた時には、世帯主が対象者を取りまとめて申請しました。

よって、今回も世帯主が現金給付の対象となる家族を取りまとめて、郵送またはオンラインで申請する流れになるのではないかと思います。

3.現金給付10万円は子供や外国人ももらえる?

現金給付の対象条件は?

現金給付が受けられるのは嬉しいですが、子供や日本国籍を持たない外国人ももらえるのかどうかは気になるところですね。

現金給付の対象については以下のような報道がありました。

政府が新型コロナウイルスに対する緊急経済対策として実施する方針の「国民1人あたり10万円の給付」について、所管する総務省の担当者は「住民基本台帳に登録されていれば、国籍に関わらず給付の対象とする方向で検討を進めている」と明らかにした。
出典:yahoo NEWS

対象には年齢や国籍といった条件はなく、住民基本台帳に登録されていれば給付対象となるようです。

よって、日本国籍を持つ小さな子供はもちろんもらえますし、日本で労働し、納税している外国人の方も給付金を受け取ることができます。

出産予定の赤ちゃん(新生児)は?

グレーゾーンになってくるのが、これから生まれてくる赤ちゃんですね。

子育ての不安もある両親にとっては、これから生まれてくる新生児の赤ちゃんも現金給付の対象として欲しいところではないでしょうか?

 

調べてみたところ、これから生まれてくる赤ちゃんも現金給付を受け取れるかどうかはわかりませんでした。

おそらくですが、どこかで線引きがあるのではないかと思います。

つまり、ある時点までで産まれていれば、現金給付の対象になるということです。

 

その線引きがどこで決まるかはわかりませんが、補正予算案が通った時点で、どこまでが現金給付の対象となるかは決定しているはずです。

政府は4月27日にも国会に補正予算案を提出するという報道もあるので、その辺りが現金給付10万円の対象となるかの線引きとなるかもしれません。

 

詳細な情報はわかり次第追記します。

4.まとめ

今回は安倍首相が表明した現金給付10万円がいつからもらえるのか?申請はどうやるのか?子供や外国人はどうなるのか?といった疑問について調べてみました。

様々な報道をまとめると、「給付時期は早くて5月」「申請は郵送またはオンライン」、「住民基本台帳に登録していれば現金給付の対象」となります。

ただ、これから産まれてくる赤ちゃんが給付対象になるかどうかはわかりませんでした。

 

新型コロナウイルスの感染拡大によって不安な日が続きますが、早く収束することを祈るばかりです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース 時事ネタ
ひさとの研究室
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました